シャーロット王女、おばさんチックなヘアスタイルがかわいそう!?

5月にはこのようなヘアスタイルだったが…
  • 5月にはこのようなヘアスタイルだったが…

キャサリン妃とウィリアム王子の第3子であるルイ王子の洗礼式で、シャーロット王女が初めて見せたヘアスタイルが、「おばさんっぽくてかわいそう」と話題になっている。

ピンクが好きなシャーロット王女だが、この日はウィリアム王子、ジョージ王子とともにルイ王子が男の子であることから、青系でコーディネート。白地にブルーの花柄、白い靴下にブルーの靴とブルーのリボンのついたカチューシャをしてパパと手をつないでメディアの前に現れたシャーロット王女は相変わらずキュートだが、なんだかいつもと違った雰囲気が。

手を振り、英国国教会の大主教と握手を交わすなどのシーンも見られた一方で、緊張のせいか笑顔よりも厳しい表情が多かったせいだけではない。いつもは前髪を上げて留めているシャーロット王女のこの日の髪型はセンター分けで、長さもかなり伸びており、どうやら髪型の違いにあったようだ。

おでこがバッチリ出ている髪型に変わりはないが、ネットユーザーたちからは「これほどまでに雰囲気が違うとは驚き」「笑ってないと怖く見える」「まるでエリザベス女王」「いつもの方がずっと可愛いのに」「愛らしいのには変わりはないけれど、あまりにおばさんチックでかわいそう」「キャサリン妃もセンター分けのヘアスタイルをすることがあるけれど、全然似てないし、シャーロット王女には似合わない」「横分けもおばさんっぽく見えるから、前髪を上げているのが一番!」といった声が寄せられており、イメチェンは不評に終わったようだ。

キーワード

[PR] おすすめ情報