天使と悪魔がお出迎え!聖歌や寸劇も披露するユニークカフェって?

東京・秋葉原にオープンした「天使と悪魔のCafe&Bar pray(プレイ)」
  • 東京・秋葉原にオープンした「天使と悪魔のCafe&Bar pray(プレイ)」

読者モデルがスタッフとして働くカフェや、声優を目指す女の子たちが働くカフェ&バーなど、最近は芸能の世界と飲食業界がタッグを組んだオシャレなコンセプトカフェがブームになりつつある。そんな中、東京・秋葉原に、「天使と悪魔のCafe&Bar pray(プレイ)」がオープン。ここでは、アイドル志望の女の子ら個性豊かな面々が、天使や悪魔風の衣装に身を包み、聖歌から寸劇までユニークなサービスを披露してくれるというのだ。

オープンから約1か月半で黒字を実現している注目のコンセプトカフェ「pray」。ここは、「“人に愛を伝えに来た天使の娘”と“人から愛を学びに来た悪魔の娘”が居る店」がコンセプトのかわいい内装のカフェバーで、キュートな女の子たちが天使や悪魔をモチーフにした衣装で接客してくれる。オーケストラ出身から現役グラビアアイドル、レースクイーンなど、同店以外でも多様な活動を行う女の子たちが在籍しているが、なんと彼女らは、オーディションで450人以上から選ばれた20人ほどの精鋭たち。“演じることが好き”で、個性的な、スペシャルな女の子たちなのだそうだ。

例えば、“サンダルフォンの娘”ことララさんは、シューベルトの「アヴェ・マリア」をアカペラで披露し、しっとりと客を魅了。ララさんの夢は、「これを機会に、私の歌を聞いてもらうこと」なのだとか。また、“悪魔のフラウロス”ことコトリさんは、バッドテイストなファッションとは裏腹に、「ここでサラミの美味しさに目覚めたので、その美味しさをもっと広めていければ」と、意外にもしっかりした意気込みを明かしていた。記者も実際にカフェを楽しんでみると、悪魔のちょっとしたイタズラから天使とのかわいい小競り合いが始まるユニークな寸劇が行われ、客の笑いを誘っていた。日常から切り取られたかのような空間で、ゆったりと時間を過ごすことができた。

「日本のメイド喫茶は、ただコスプレをやっているだけの店も多いですよね。アメリカではもっと本格的なコンセプトカフェがあって、独特の世界観が楽しめるんですよ」と教えてくれたのは、アメリカでネット会社を経営しつつ、同店を立ち上げた田浦社長。「そんな“テーマパークのような完ぺきな世界観”に浸れる上に、“萌え”の要素も楽しめ、大人が本気で“ごっこ遊び”出来る場所があれば…」との思いから、同店を出店するに至ったのだそうだ。

それだけに同店のスタッフへの指導もこだわり抜いたもの。本場アムステルダムからやってきた“悪魔崇拝のワークショップ”での悪魔についての勉強や、プロのソムリエによる酒の冷やし方や注ぎ方など、ユニークなカリキュラムを実施。さらにテレビ・映画の振付などにも関わる本格派の演技指導者から“仕草”についてのレクチャーを実施するなど、“世界観の完遂”を目指しているというからスゴイ。

「まだ1か月半ですが、基礎が出来ればフランスやアメリカにも出店したいと思っています」と、同社長は海外進出も見据える。すでに秋葉原の同店には、男性客だけでなく女性客や外国からの観光客も多数訪れているというから、その日は近いかも!? 天使や悪魔の世界に興味のある人はもちろん、カワイイ女の子たちと話してみたい人も気軽に訪れてみてはいかが。【東京ウォーカー】

■場所

 東京都千代田区外神田4-5-8 松孝商事ビル9F(JR秋葉原駅電気街口下車 徒歩4分)

■TEL

 03・6206・8152

■営業時間

 平日15:00〜23:30 土日祝日12:00〜23:30(最終入場22:30 ラストオーダー23:00)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報