お笑い芸人・千鳥が劇場版“ヒロアカ”に参戦するも収録時間は3分!?2人が共演する怪獣ヒーロー“ゴジロ”とは…

千鳥の2人が本人役で“ヒロアカ”に登場!
  • 千鳥の2人が本人役で“ヒロアカ”に登場!

週刊少年ジャンプの三大原則である“友情・努力・勝利”を正面からに描いた内容が大きな話題を呼び、TVアニメも第3期が放送中となる人気王道漫画「僕のヒーローアカデミア」。総人口の約8割がなんらかの超常能力“個性”を持って生まれる世界で、悪事を働く敵“ヴィラン”から、人々と社会を守る職業“ヒーロー”に憧れる主人公・緑谷出久(デク)。これは、なんの超常能力も持たない“無個性”として生まれた彼が、最高のヒーローになるまでを描いた物語だ。そんな“ヒロアカ”初の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』が8月3日(金)より公開となる。

既に世界107の国と地域での配給が決定するなど、海外でも圧倒的な人気を誇っている本作に、このたびお笑い芸人・千鳥の大悟とノブが本人役で声の出演をすることが決定し、併せてインタビュー映像と「ヒーロー編」「個性編」2タイプのコメンタリー映像が解禁となった。

解禁となった映像では、たった3分で終わった収録に対しノブが「少ねえ!もっとセリフくれえ!」と漏らすと、大悟が「ヒットするでしょうから、第2弾、第3弾とかそうなってきたら(セリフを)増やしていただいて」とコメントし、続編製作への期待を口にするひと幕もあった。

本作にちなんで、どのような個性が欲しいかと質問されたノブは「アフレコという仕事をいただいたのに、喉がめちゃくちゃ弱いので、“強い喉・鋼の声帯”が欲しい」と回答し、続く大悟は「すべった瞬間にポンっと顔がサツマイモとかになれば」と斬新な個性を提案。

そんな2人は劇中で、原作者の堀越耕平が“ゴジラ”をモチーフに描きおろしたという怪獣ヒーロー“ゴジロ”との共演も果たしている。しかも、その鳴き声には「平成ゴジラ」シリーズの音声が使用されており、本家ゴジラとの本格的なコラボが実現しているという。公開まで1か月を切った劇場版“ヒロアカ”では、どのような“友情・努力・勝利”の物語が描きだされるのか…本作からますます目が離せない!

インタビュー映像

コメンタリー映像(ヒーロー編)

コメンタリー映像(個性編)

予告編

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報