今夏の鈴鹿サーキットは史上最大規模のびしょ濡れイベント開催!プールもアトラクションも遊びつくそう!

鈴鹿サーキットのプールエリア「アクア・アドベンチャー」が2018年6月30日よりオープン! びしょぬれになって楽しめるイベントが盛りだくさんだ。さらに、2018年9月9日(日)まで開催の夏季イベント「びしょぬれ!がいっぱい。スプラッシュサーキット」では、プールエリアだけでなく、28種類のアトラクションも水着で遊ぶことができる。

プールエリア「アクア・アドベンチャー」がオープン!
  • プールエリア「アクア・アドベンチャー」がオープン!

5つのプールエリアと3つのスライダーで遊びつくそう!

「アクア・アドベンチャー」では、5つのプールが楽しめる。自然の地形“山・川・滝”を活かしたさまざまな水遊びアイテムがある「アドベンチャープール」や、波の上のアスレチックプールエリア「アドべンチャーウェーブ」など。水深15センチのベイビープールもあるので、ファミリーにもオススメだ。

【写真を見る】勇者の滝や沢登り、飛び出すスライダーなど、冒険心をくすぐる仕掛けが随所にある/アドベンチャープール
  • 【写真を見る】勇者の滝や沢登り、飛び出すスライダーなど、冒険心をくすぐる仕掛けが随所にある/アドベンチャープール
ゆったり水が流れる流水プール「アドベンチャーリバー」。中央には「アドベンチャーアイランド」がある/アドベンチャーリバー&アドベンチャーアイランド
  • ゆったり水が流れる流水プール「アドベンチャーリバー」。中央には「アドベンチャーアイランド」がある/アドベンチャーリバー&アドベンチャーアイランド
“波のプール”と“アスレチック”を組み合わせた、日本初のプールエリア/アドベンチャーウェーブ
  • “波のプール”と“アスレチック”を組み合わせた、日本初のプールエリア/アドベンチャーウェーブ

さらに、3つのスライダーも楽しめる。仲間と協力してタイムアタックする「パワーバトルスライド」、2人で一緒に乗ってスリルを味わえる「チューブスライド」、さらに身長105cmの子どもでも利用できる「とびだスライダー」の3種類。友達同士で遊べば、盛り上がること間違いなしだ。

2人の合計タイムが目標をクリアすると祝砲が打ち上がる!さらに、達成の証として「パワーバンド」がゲットできる
  • 2人の合計タイムが目標をクリアすると祝砲が打ち上がる!さらに、達成の証として「パワーバンド」がゲットできる

プールだけじゃない!びしょぬれイベントが盛りだくさん!!

今年は、鈴鹿サーキット史上最大規模のびしょぬれイベントも開催。「びしょぬれクルーのウォーターパニックタイム」では、クルーがアトラクションやゲストに向かって一斉放水! 「アクア・アドベンチャー」内アクアマウンテンでもイベント「スプラッシュパーティ」を行っている。みんなでびしょぬれになって、夏の暑さを吹き飛ばそう。

「アドベンチャーヴィレッジ」のアトラクションに乗っているとずぶぬれに!?
  • 「アドベンチャーヴィレッジ」のアトラクションに乗っているとずぶぬれに!?
音楽やダンスとともに大量の水を放水!/スプラッシュパーティ
  • 音楽やダンスとともに大量の水を放水!/スプラッシュパーティ

ほかにも、スイカ割りを楽しめる特大かき氷「夏だ!パッカーン!スイカ割りかき氷」や、麺を4玉も使用した特大つけ麺「サマービックマウンテンつけ麺」といった、ちょっと変わったギガ盛りメニューがあり、食事も充実。お盆の時期には、花火が楽しめるイベントもあるので、そちらもチェックしておこう。

この夏は、プールもアトラクションも楽しめる鈴鹿サーキットに足を運んでみてほしい!

■鈴鹿サーキット(モートピア)
住所:三重県鈴鹿市稲生町7992
電話:059-378-1111
時間:9:30~19:00 ※季節・曜日により異なる
休み:不定休

●プールシーズン
期間:2018年6月30日(土)~9月9日(日)
料金:サマーパスポート(入園+のりもの+プール入場) 大人(中学生以上)5400円、子ども(小学生)4100円ほか 、プール券(入園+プール入場)大人2900円、子ども2000円
時間:9:30~17:00 ※時期・曜日により異なる
休み:なし

●鈴鹿サーキット 花火 ザ パフォーマンス~光る!走る!打ちあがる!~
期間:2018年8月11日(祝)~14日(火)
※荒天の際には内容の変更・中止となる場合あり
時間:18:45~19:50(予定)
発数:各日3,500発
料金:無料 ※別途入園料が必要(一部有料観覧席販売あり)

【2018 東海 最新プール】特集をもっと見る


夏の鈴鹿サーキットは楽しさ満載!家族で遊びに出かけよう!!

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

このニュースで紹介されたイベント

[PR] おすすめ情報