大泉洋が世界一愛される“超ひねくれ者”に!『グリンチ』クリスマス公開決定

『グリンチ』の日本語吹替え版声優に大泉洋が決定!
  • 『グリンチ』の日本語吹替え版声優に大泉洋が決定!

「怪盗グルー」シリーズや『ペット』『SING/シング』(ともに16)など個性的なキャラクターが魅力の作品を送りだすイルミネーション・エンターテインメントの最新作『グリンチ』が、クリスマス直前の12月14日(金)に日本公開されることが決定。このたび本作の日本版予告映像が到着し、主人公・グリンチの日本語吹替えを大泉洋が担当することが明らかになった。

1957年に偉大な絵本作家ドクター・スースが発表した「いじわるグリンチのクリスマス」に登場する超ひねくれ者のグリンチは、アメリカではサンタクロースに並ぶクリスマスの代名詞的存在。これまで何度もアニメ化されてきただけでなく、2000年にはジム・キャリー主演、ロン・ハワード監督の豪華タッグで実写映画化もされたほどの人気を誇る。

そんな世界的キャラクターの声を日本語吹替え版で担当するのは、大河ドラマから映画、バラエティ番組など幅広い活躍を続ける大泉洋。今年3月に公開された国民的アニメ『映画 ドラえもん のび太の宝島』でキャプテン・シルバー役を演じるなど、声優としての実力も認められている大泉が、初めてハリウッド映画の吹替えに挑戦する。

大泉にオファーしたことについて配給会社の担当者は「グリンチというキャラクターに出会った瞬間、真っ先に大泉さんを連想しました」と即決だったことを明かす。そして「大泉さんをアニメキャラ化したら、きっとこんな感じだろうな…と。いえ、決してひねくれている所が似ているという意味ではないです…」と説明。

それに対し、大泉は「グリンチのキャラクターにぴったりということでオファーをいただいたそうなのですが、“正直でピュアな大泉洋”としましては、なぜだろう?と不思議に感じております」と語りながらも「憎めない部分もある本当にユニークなキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!」と、すっかりグリンチの魅力の虜になってしまった様子。

本国オリジナル版ではイギリス出身の実力派スター、ベネディクト・カンバーバッチが声を担当しているグリンチ。日本を代表する個性派スター大泉が、この“ちょっと可愛いひねくれ者”を演じて、今年のクリスマスを独り占めすること間違いなしだ!

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報