声優・小松未可子、大好きな倉木麻衣に「つくもがみになってほしい」

「つくもがみ貸します」で共演する小松未可子と榎木淳弥(左から)
  • 「つくもがみ貸します」で共演する小松未可子と榎木淳弥(左から)

7月22日(日)にスタートするアニメ「つくもがみ貸します」(夜0:10-0:35 NHK総合)の第1話試写会が行われ、記者会見には榎木淳弥、小松未可子らが登場した。

同アニメは、畠中恵による同名シリーズ小説が原作。江戸時代の深川・仲町を舞台に、損料屋(現代のレンタル業)の出雲屋を営む姉弟が町民の持ち込むさまざまな問題を解決していく人情噺だ。

試写会終了後、主人公・清次を演じる榎木と、その姉・お紅を演じる小松が登場。

榎木は「江戸の空気感を感じることができつつ、色鮮やかでポップな世界観になっている。子供からお年寄りまで幅広い年齢層の方に楽しんでいただける作品になったと思います」と作品の魅力を紹介した。

小松も「江戸が舞台ということで時代劇のイメージがあったのですが、お紅の衣装が鮮やかな配色だったりリボンが大きかったりと、かわいいファッションも見どころ。つくもがみたちのかわいらしいキャラクター性を楽しんでいただきつつ、出雲屋に関わる人たちの関係性などさまざまな見方ができる作品になっています」とアピール。

また同作品は、出雲屋で扱う小道具たちに魂が宿り“つくもがみ”となった、個性豊かなキャラクターたちの活躍も魅力。

「キセルのつくもがみ・五位は、登場するつくもがみたちの話をまとめてリーダーシップをとりたがるんですが、全然まとめられない。その少し抜けた部分が、見た目とギャップがあってかわいいなと。2話以降も基本まとめることができないので(笑)、その部分にも注目していただければ」と榎木はお気に入りのつくもがみを明かした。

最後に小松につくもがみが宿りそうなほど大切にしている物を聞くと、「引っ越しのたびに、物をすっきりさせてしまうタイプ」と話し、「大好きな倉木麻衣さんのCDは、日焼けして色が変わってしまうほど長い期間保存していて。そろそろ、倉木さんがつくもがみとして宿ってくれないかなと期待しています(笑)」と大ファンゆえの願望を明かした。

■ 「つくもがみ貸します」
7月22日(日)スタート
毎週日曜夜0:10-0:35
NHK総合で放送

■ 「つくもがみ貸します」公式サイト
http://tsukumogami.jp/

◆2018年夏アニメまとめはコチラ◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報