小室安未、「聖南さんの”テラハ婚”が気になる!」(1/3)

「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」を卒業した初期メンバーの小室安未
  • 「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」を卒業した初期メンバーの小室安未

Netflixとフジテレビで配信・放送中の「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」より、第17話で卒業をした大学生の小室安未が、卒業後の心境や当時の裏話などを語った。

同番組は、シェアハウスに同居する男女6人の青春模様を記録したリアリティー・ショー。その共同生活の様子をカメラで追いかけ、友情、恋愛、夢などさまざまなドラマを映し出していく。

現メンバー・中村貴之からも、「こんなかわいい子、見たことない」と言わしめるほどのルックスで注目を集めてきた安未。その素直さと、たまに見せるキュートな笑顔で、さまざまな男性メンバーからアタックされた。

そこで、「ザテレビジョン」では卒業後の安未にインタビューを敢行。「TERRACE HOUSE」での日々について話を聞いた。

――「TERRACE HOUSE」卒業後、喪失感はありましたか?

女子メンバーだけじゃなく、男子メンバー含め、みんなほぼ毎日夜リビングに集まってわちゃわちゃしていたんです。それがすごく楽しかったし、起きて誰かがリビングにいて、みたいなのが無くなったのがさみしかったです。

初期メンバーでは、一回だけ、プレイルームで6人全員で映画を見たことがありました。それも、自然と集まって。本当に仲が良かったんだと思います。

――男性メンバーからのアプローチもありましたが、どうでしたか?

一人ずつ言っていくと、私は「守ってあげたい」という感情が湧かないタイプなんですけど、(新井)雄大は母性本能をくすぐるタイプだと思いました。

貴さん(中村貴之)の、「8割の力で生きていい」っていう言葉は本当に(胸に)刺さったし、相談すると真面目に応えてくれるところはすごくいいなと思っていました。

(上村)翔平さんも、面白くてワードセンスが光っていてましたね。総じてみんな優しくて。普通にモテるんだろうなっていう人たちでした。

――スタジオからは厳しい声もありましたが、どう思ってましたか?

スタジオの声自体はあまり気にしていなかったんですが、それに便乗する世間の皆さまのリアクションの量がすごくて…。泣いちゃったりもしたんですが、その分味方もいっぱいいたので、もう大丈夫です。

それだけ反響のある、すごい番組なんだなって改めて実感しました。それに、メンバーのみんなが「一緒に住んでるうちらが、安未のことちゃんと分かってるからいいじゃん!」って言ってくれたのも大きかったです。

安未「つば冴と一緒にいる時間が一番長かった」(2/3)
「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」
【公式HP】http://www.terrace-house.jp/openingnewdoors/
【配信】Netflix/FODにて配信中
【放送】毎週月曜夜0時25分、フジテレビにて放送
※7月16日(月)は夜1時から

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報