“国民的美少女”高橋ひかるが“獣耳の巫女さん”コスプレ!「高嶺の花」第2話先取り!!(1/3)

高橋ひかる
  • 高橋ひかる

石原さとみの美しさや、野島伸司の脚本で話題のドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系、毎週水曜夜10:00より)。その中で異色なキャラとして注目を集めている“コスプレ少女”原田秋保(高橋ひかる※「高」の字は正しくは「はしご高」)が、第2話で“獣耳の巫女さん”になることが分かった。

同作は石原さとみ演じる“高嶺の花”の天才華道家・月島ももと、平凡で取りえのない自転車店店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を人気脚本家・野島伸司が描く“純愛エンターテインメント”。

そこにコスプレ少女として出演しているのが、直人の店「風間輪店」に入り浸る女子高校生・原田秋保役の高橋。

高橋は2014年に全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年NHK総合ほか)に出演を果たし、「第96回全国高校サッカー選手権大会」で13代目応援マネージャーを務めるなど、今大注目の若手女優だ。

高橋が演じる秋保は、直人の同級生で肉屋の店主・原田太郎(吉田ウーロン太)の娘。直人とはご近所さんで、幼い頃からの付き合い。

コミュニケーション障害の気がありコスプレに逃げ込んだ秋保を、直人は父親や他の大人たちとは違い、すんなりと受け入れている。秋保も直人のところが一番居心地がいいので店に入り浸り、ほぼ「店番」の役割を果たしている。秋保はちょっと不思議な女子高校生なのだ。

獣耳の巫女さんコスプレ!(2/3)
↓↓髙橋ひかるの美麗グラビアを「WEBザテレビジョン」で配信中!↓↓

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報