絶景も夏グルメも!予約不要&日帰りで行ける、英虞湾を巡るよくばり志摩ドライブ!!

英虞湾(あごわん)を望む天空テラスや、地元の魚介を使用した海鮮料理、果肉たっぷりのかき氷など、三重県志摩市には絶景スポット&グルメがいっぱい!この夏は、志摩市の魅力を堪能する日帰りドライブにでかけよう!!

絶景スポット・天空のテラスがリニューアル

 心地いい風を感じながら、パノラマ絶景を眺められる
  • 心地いい風を感じながら、パノラマ絶景を眺められる

ドライブのはじめに向かいたいのは、2018年3月にリニューアルされた「横山展望台」。8月5日(日)には、メイン展望スポット「横山天空カフェテラス」に木造2階建ての休憩所がオープンする予定だ。休憩所の1階ではドリンクや軽食などが販売される予定で、カフェメニューを味わいながら、のんびり英虞湾を望む絶景を楽しむことができる。

志摩の魚介がいっぱい!

「志摩の旬魚の海鮮丼」(1500円)は8種類ほどの魚介がのる数量限定のランチメニュー。内容は仕入れによって異なり、写真はキツネガツオ、ヒラメ、鯛など
  • 「志摩の旬魚の海鮮丼」(1500円)は8種類ほどの魚介がのる数量限定のランチメニュー。内容は仕入れによって異なり、写真はキツネガツオ、ヒラメ、鯛など

ゆったりと絶景を楽しんだあとは、腹ごしらえ。「海鮮&ダイニング トルバドール」で地元の海の幸を味わいつくそう!店内はウッド調でアジアンテイストな雰囲気で、カウンターには三重の地酒などが並ぶ。食材は、志摩で捕れたものを中心に、新鮮な魚介を片田市場で買い付け。和食を中心に、大阪で修業を積んだ料理人が腕を振るう。「天然まぐろ漬け丼」(1300円)や「大海老フライ定食」(1500円)をはじめ、海の幸を使ったランチが評判だ。

のんびりとしたマンボウとペンギンがキュート!

入館すると最初に登場。ペンギンのかわいい姿を間近で見られる
  • 入館すると最初に登場。ペンギンのかわいい姿を間近で見られる

ランチのあとは、車で約4分の場所に位置する「志摩マリンランド」へ向かおう。「志摩マリンランド」は、約450種類7000点を飼育展示する水族館。巨大なマンボウがのんびり泳ぐ姿に癒される。ブリやサメなど、約2500匹の魚が群泳する大きな回遊水槽で毎日開催される、海女による餌付け実演も人気が高い。

「特別タッチタイム」は10:00と13:40から飼育員の解説付きで実施する
  • 「特別タッチタイム」は10:00と13:40から飼育員の解説付きで実施する
「ウミホタルの発光実験」は11:15~、13:15~、15:15~の1日3回
  • 「ウミホタルの発光実験」は11:15~、13:15~、15:15~の1日3回

2018年9月2日(日)までは、夏の期間限定イベントも開催。タコやウミガメなど魚以外との触れ合いが楽しめる「特別タッチタイム」や、小さなウミホタルがどのように発光するかを確かめる「ウミホタルの発光実験」など、大人も子どもも楽しめるイベントがいっぱいなので、開催時間をチェックしておこう。

夏にぴったりの志摩みやげが充実

次に向かうのは、車で約1分と、「志摩マリンランド」のすぐそばにある「KASHIKOJIMA BASE」。近鉄の賢島駅の駐車場に隣接する、志摩や三重の特産品を扱うセレクトショップだ。志摩の農家が育てた野菜やフルーツで作る加工品をはじめ、名産のアオサを使った商品など、志摩の自然を生かした多彩なアイテムがそろっている。

三重の河武醸造が作った「鉾杉 伊勢志摩サイダー ゆず味」(250円)。焼酎や酒と割ってハイボールにしても美味
  • 三重の河武醸造が作った「鉾杉 伊勢志摩サイダー ゆず味」(250円)。焼酎や酒と割ってハイボールにしても美味
伊勢志摩産のアオサを使った「あおさ醤油」(540円)は磯の香りが漂う一品。特に、卵かけご飯とは相性抜群だ
  • 伊勢志摩産のアオサを使った「あおさ醤油」(540円)は磯の香りが漂う一品。特に、卵かけご飯とは相性抜群だ

きめ細かな氷がしっとり新食感

焼きたてのパンのほか、約10種類のケーキや焼き菓子もオススメだ
  • 焼きたてのパンのほか、約10種類のケーキや焼き菓子もオススメだ

おやつを食べるなら、車で7分ほどの「avec mon coeur(アベック モン クール)」がおすすめだ。20種類がそろうパンは毎日手作り。天然酵母のクロワッサン(200円)をはじめ、素材にこだわった商品が並ぶ。

【写真を見る】「モモのかき氷」(800円)は、自家製のバニラソースと果肉がたっぷり。混雑時は整理券が配付される場合も。詳細は店のブログを参照
  • 【写真を見る】「モモのかき氷」(800円)は、自家製のバニラソースと果肉がたっぷり。混雑時は整理券が配付される場合も。詳細は店のブログを参照

この夏のイチオシは、夏季限定のかき氷!ほのかに甘味を加え、しっとりとした舌触りにこだわっている。

ちょっと変わった四角形の灯台

駐車場からの遊歩道を歩くと、すぐに灯台と海が見えてくる。周囲からはカモメの鳴き声が聞こえ、まるで南国のような雰囲気!
  • 駐車場からの遊歩道を歩くと、すぐに灯台と海が見えてくる。周囲からはカモメの鳴き声が聞こえ、まるで南国のような雰囲気!

次に向かいたいのは、「安乗埼(あのりさき)灯台」だ。「avec mon coeur(アベック モン クール)」からは車で25分ほど。数ある志摩の灯台のなかでも、ほかにはない四角形が特徴で、日本の灯台50選にも選ばれている。

最上部からの景色
  • 最上部からの景色

現役の灯台では珍しく、階段で最上部まで上がることも可能。階段の壁にはさまざまな季節や時間に撮影した写真が展示。最上部からは穏やかな的矢湾と、雄大に広がる太平洋の景色が眺められる。周辺は伊勢志摩国立公園に指定されており、散策にもぴったりだ。

明治初期に建てられた木造灯台の、3分の1スケールのジオラマが見どころの1つ
  • 明治初期に建てられた木造灯台の、3分の1スケールのジオラマが見どころの1つ

また、安乗埼灯台のすぐそばには資料館があり、日本全国にある灯台の写真や資料を公開している。光と音で嵐を再現したジオラマなどもあり、航路を守る灯台の役割が学べる。

源泉かけ流し温泉でリラックス

海岸のそばにあり、堤防に上ると城の崎が見える
  • 海岸のそばにあり、堤防に上ると城の崎が見える
神経痛、筋肉痛に効果が期待できる湯で、遊び疲れた体を癒そう。バスタオルはレンタル(300円)
  • 神経痛、筋肉痛に効果が期待できる湯で、遊び疲れた体を癒そう。バスタオルはレンタル(300円)

最後は、車で約17分の「心湯あそび ねぼーや」でゆったりしよう。「心湯あそび ねぼーや」は、志摩の国温泉の湯元で、伊勢志摩で捕れる海の幸を生かした料理が自慢の旅館。日帰り入浴では、大浴場のほか、前日までに予約をすれば3種類の貸し切り露天風呂(大人1080円~)も利用することができる。

絶景もグルメもそろった志摩市なら、一日中観光を楽しめること違いなし!さわやかな潮風が吹く志摩市で、日帰りドライブを満喫しよう!

■横山展望台
住所:三重県志摩市阿児町鵜方875-20
電話:0599-44-0567(横山ビジターセンター)
時間:24時間、横山ビジターセンターは9:00~16:30
休み:なし
料金:入場無料

■海鮮&ダイニング トルバドール
住所:三重県志摩市阿児町鵜方1184-1
電話:0599-43-7570
時間:11:30~14:00(LO13:30)、17:45~22:00(LO21:30)、土曜・祝前日は11:30~14:00(LO13:30)、17:45~22:30(LO21:30)
休み:火曜

■志摩マリンランド
住所:三重県志摩市阿児町神明723-1(賢島)
電話:0599-43-1225
時間:9:00~17:00、8月10日(金)~19日(日)は9:00~18:00(入館は30分前、季節により異なる)
休み:なし
料金:入館料 大人1400円ほか

■KASHIKOJIMA BASE
住所:三重県志摩市阿児町神明733-11
時間:10:00~15:00
休み:火曜

■avec mon coeur
電話:0599-46-0305
住所:三重県志摩市阿児町鵜方金谷3016
時間:10:00~17:00、9月中旬からは10:00~18:00
休み:木曜、日曜

■安乗埼灯台
住所:三重県志摩市阿児町安乗794-1
電話:0599-47-5622(燈光会 安乗埼支所)
時間:9:00~16:00
休み:荒天時
料金:参観寄付金 大人200円ほか、資料館は無料

■心湯あそび ねぼーや
住所:三重県志摩市阿児町甲賀4578-1
電話:0599-45-0111
時間:日帰り入浴15:00~19:00
休み:なし
料金:日帰り入浴料 大人500円、土曜・日曜・祝日は700円ほか

東海日帰りドライブ!ベストコースをチェック!

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報