オスカー俳優の妻、驚きの“昆虫ワンピ”でテニス観戦!

エディ妻の奇抜なファッションに驚きの声!
  • エディ妻の奇抜なファッションに驚きの声!

ウィリアム王子のイートン校時代の同級生で、『博士と彼女のセオリー』(14)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインが、妻とウィンブルドン選手権男子シングルス決勝戦を観戦。2014年に結婚した妻ハンナのワンピ姿に注目が集まっている。

エディは、紺のスーツにサングラス姿、ストレートロングヘアのハンナは、サングラスに1295ドル(約14万6000円)のヴァレンティノのドレスにハイヒールという出で立ちで、ロイヤルボックス席で試合を観戦した。

ヴァレンティノの長袖のベージュ地のドレスのデザインはいたってシンプルで、ドレスコードに違反はないが、ピンク、緑、黒の蝶だけではなく、クモやクワガタチックな昆虫が全身にプリントされているデザイン。

昆虫は、欧州ではアクセサリーや洋服などでしばしば使われるが、それでも全身プリントのドレスには「ハンナ、エディは昆虫マニア?」「よほどの昆虫好きじゃないと、これほど昆虫満載の洋服は着られないよね」と驚きの声があがっている。

また、ハンナは2016年に娘のアイリスを、今年3月10日に息子のルーク・リチャードを出産したばかり。キャサリン妃ほどではないものの、まだ産後4か月にもかかわらず、あまりのスレンダーボディにも昆虫ワンピに劣らぬ驚きと絶賛の声が寄せられている。

ちなみにこの日のロイヤルボックス席には、キャサリン妃とウィリアム王子、英メイ首相、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ヒュー・グラントなどセレブが勢ぞろい。観戦客からは「セレブがいっぱいで、テニス観戦とセレブ探しで大忙しだった」といった感動冷めやらぬツイートも寄せられている。

キーワード

[PR] おすすめ情報