サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

小栗旬も「最近の映画で一番バカ」と太鼓判!『銀魂2』ヒット祈願で小栗と菅田将暉が決意の神頼み

おみくじを引いてキャッキャウフフ
  • おみくじを引いてキャッキャウフフ

累計発行部数5500万部におよぶ空知英秋の人気コミックを「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督が映画化、最終興行収入38.4億円、17年の実写邦画1位となるヒットを記録した『銀魂』。その好評を受けて製作された続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)に公開される。このたび名古屋の熱田神宮にて大ヒット祈願イベントが行われ、主人公・坂田銀時役の小栗旬と、志村新八を演じる菅田将暉が出席した。

2人がゲン担ぎに訪れた熱田神宮は天照大神を祭っており、あの織田信長が「桶狭間の戦い」へ向けて戦勝祈願をして、勝利を収めたことも有名な格式の高い神社だ。その神聖かつ“勝利”にうってつけの地で前作を超えるヒットを目指すべく、普段の『銀魂』のイベントで見られるような、行きすぎたバカ騒ぎ、絶え間ない下品さ、進行を無視する暴走ぶりを一時辛抱し、大真面目に祈願を行った。

祈願を終えた小栗は「2年前にも『信長協奏曲』という映画でお参りをさせてもらっていて、その映画が大ヒットしたので、ご利益があると思っています」と期待を述べ、菅田は「熱田神宮には初めて来ましたが、自分自身の憑物も落ちたような気持ち良さがありました」とスッキリした様子を見せた。

多くの大作映画が公開されるなか、小栗は本作のセールスポイントを「(ここ最近で)公開される映画の中では一番バカなことをやっていると思う」と分析。菅田は「前作の打ち上げの時にプロデューサーさんが『エンタテインメント映画が出来たというより、すさまじい出し物が出来た』と仰っていて。今回も出し物として本当に面白い物に仕上がっていると思います」と自信をのぞかせる。

さらに気合を込めるため、2人は絵馬を書くことに。小栗が「皆がすこやかでありますように」と想いを託せば、菅田は「銀魂大ヒット!」と願う。続けて“大ヒットしたら叶えてもらいたい願いはありますか?”との質問に、菅田は「みんなでハワイに行きたい!」と即答。小栗は同調しながらも「大ヒットした暁には、全員がボーナスをもらえればありがたいです(笑)」と笑いを誘い、すかさず菅田も「それはありがたいですね…お願いします!」と賛同した。

最後に、小栗が「期待を裏切らないパート2になっていると思うので、是非涼しい映画館で観てもらえればと思います」、菅田が「笑って泣ける“スーパー出し物”に仕上がっていると思うので、文化祭に遊びに行くような気持ちで是非観にきてください!」とコメントし、炎天下のなか行われたイベントは幕を閉じた。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報