ライフスタイル

織姫と彦星の関係や職業…意外と知らない“七夕”エピソード

東京ウォーカー(全国版) 2010年7月5日 13時12分 配信

すべての写真を見る(15件)
もうすぐ七夕。この日は、年に1度“織姫”と“彦星”が会える日とされているが、カルピスが7月7日生まれの人を対象に「七夕に関する調査」を実施したところ、織姫や彦星の職業に「巫女」や「漁師」と回答するなど、面白い結果が出たので紹介しよう。



◆七夕は日本だけの行事? 実は中国がルーツ

「『七夕』は日本だけ(他の国では行われていない)の行事だと思いますか?」という質問に対し、「思う」と答えたのは全体の6割弱(57.1%)を占めた。“七夕”は、7月7日の牽牛星(彦星)と織女星(織姫)が会える夜に、婦人たちが機織りの上達を祈った中国の行事「乞巧奠(きこうでん/きっこうでん)」がルーツ。最近では「中国情人節(中国の恋人たちのお祭り)」とも呼ばれ、毎年、旧暦の7月7日に当たる日に恋人たちが食事をしたり、映画を観たり、プレゼントを贈り合ったりと、さまざまなスタイルで祝っているようだ。



◆織姫と彦星の関係、8割弱が「恋人」と誤解!

七夕伝説の認知度について聞いたところ、「よく知っている」(22.9%)と「だいたい知っている」(67.0%)を合わせると、9割弱の人が認知している結果に。しかし、「知っている」と回答した人に織姫と彦星の関係を尋ねたところ、8割弱(77.1%)が「×恋人」と誤って認識していることが判明。中には「×姉弟または兄妹」1.4%や「×友達」0.1%(1人)と誤解している人も。「その他」0.2%では、「姫と使用人」という回答も寄せられ、正解の「○夫婦」は5人に1人(21.0%)という結果になった。



◆織姫と彦星の仕事は何? 「巫女」「漁師」などの珍回答も

同じく、七夕伝説を「知っている」と回答した人たちに「織姫と彦星の仕事」について尋ねたところ、過半数(54.9%)が正解の「○機織り」と答えたが、「×巫女」(14.7%)、「×舞姫」(12.5%)、「×歌姫」(4.7%)、「×歌人」(3.3%)と誤った回答を選択したり、織姫の仕事を知らないという人も1割弱いることが判明。

また、彦星の仕事については、約3分の2(64.7%)が「○牛飼い」と回答。織姫の仕事の正解率を9.8ポイント上回ったものの、「×農民」(9.8%)、「×神主」(7.2%)、「×漁師」(7.2%)などの誤答や、彦星の仕事を知らないという人も1割弱(8.5%)いた。

1919年7月7日に「カルピス」が発売されたことにちなんで実施されたこの調査。ほかにも「今年短冊に書きたい願いごとや夢」などの調査結果が出ているので、気になる人はチェックしてみて。【東京ウォーカー】

【調査概要】
実施期間:2010年4月28日〜5月18日
調査方法:Webモニターによるアンケート調査
調査対象者:全国に居住する7月7日生まれの10〜60代の男女
回収サンプル数:1024サンプル

おすすめ情報