イケメンとヘタレ、どっちの中川大志が好み?ギャップありすぎな姿に胸キュン!

自信満々で笑顔を振りまく斗和
  • 自信満々で笑顔を振りまく斗和

少女漫画雑誌「マーガレット」で“ヘタレ男子マンガの先駆け”として、2014年から掲載された椎葉ナナによる同名漫画を実写化した『覚悟はいいかそこの女子。』が10月12日(金)より公開となる。

本作は、イケメンなのに中身がヘタレな男子が、難攻不落の美少女を相手に奮闘する姿を描く恋愛コメディ。主演の中川大志演じる古谷斗和は“超絶イケメン”で、生まれながらの“愛され男子”。常に女子に囲まれちやほやされる生活を送ってきたが、実は恋愛経験ゼロ(自覚なし)のヘタレ男子だった…。ある日、彼女ができた同級生から「所詮、お前は観賞用男子だ!」と言われた斗和は「彼女を作るなんてチョロい」と宣言。幾人の男たちからの告白を断り続ける難攻不落の美女・三輪美苑(唐田えりか)を射止めようと奮闘しはじめるが…。

今回、そんな斗和のイケメン度とヘタレ度がどちらも全開となっている両極端な場面写真が解禁となった。常に女の子に囲まれ、自信に満ちた表情を浮かべている斗和だが、美苑の家に来た借金取り(荒川良々)に詰め寄られ、ヘタレ全開で逃げ腰になるギャップありすぎな場面も。さらに、“先生界のプリンス”として、斗和、美苑と三角関係を繰り広げる美術教師・柾木隆次(小池徹平)が、美苑に“頭ポンポン”をするキュンキュンなシーンも解禁となり、3人の恋の行方にも注目が集まりそう。

同時に公開となったポスターと前売券特典のポスターカードにも注目。ポスターでは学生鞄をぎゅっと抱きしめ「オレって、カッコ悪い…?」と不安げな顔を見せる斗和と、腕組みをして立つ美苑らの姿が描かれているが、前売券特典のポスターカードでは、自信満々のイケメンスマイルを振りまく斗和の姿が友人たちと共に描かれており、本編同様、イケメンとヘタレ、両方の側面を持つ斗和の性格が反映されたものとなっているようだ。

果たして斗和は、本作のラストでイケメンとヘタレどちらの顔でスクリーンに映し出されるのか、今から公開が楽しみだ!

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報