新垣結衣、生田斗真や向井理から“強い女優”といじられる

高校生から大人の女性へと成長するヒロイン紗枝役を好演した新垣結衣
  • 高校生から大人の女性へと成長するヒロイン紗枝役を好演した新垣結衣

一青窈の大ヒットソングをモチーフにした純愛映画『ハナミズキ』(8月21日公開)の完成披露舞台挨拶が7月8日(水)に東京国際フォーラムで開催。ハナミズキの花びらをイメージした1000枚のピンクリボンが舞う中、新垣結衣、生田斗真、向井理、薬師丸ひろ子、土井裕泰監督が登壇。舞台挨拶では、新垣結衣の“しっかり者”キャラについて生田たちがコメントした。

まずは、劇中でも登場した約7mのハナミズキの木をバックに、東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団が編曲した“ハナミズキ”オーケストラバージョンを演奏し、その後、ゲストが黄色い歓声を浴びながらステージに上った。

『ハナミズキ』は、新垣結衣扮する紗枝と、漁師の仕事をしている水産高校の青年との恋を10年間に渡って描く純愛ストーリー。新垣は、ニューヨークで仕事をする紗枝が、英語で長いスピーチをするというシーンが一番苦労したと言う。「プライベートでも英語に触れる機会はなかったので、今回ゼロから入念に練習して挑みました」。生田は、演じた康平が漁師という設定上、早朝からのロケで朝と夜とが逆転する撮影をこなしたと言うが、「僕、北海道出身で、おじいちゃんが船乗りだったこともあり、個人的に思い入れの深い作品となりました」と語った。

その後、生田斗真と共演した感想を聞かれた新垣は、「斗真くんはコミュニケーションを取る場所や空気を作ってくれたので、その空気感が紗枝と康平の間で出てるのではないかと」とコメントしたが、生田や向井からは、新垣について意外な言葉が。

生田が「芯が強くて、肝の座った女優さんです」と語ると、新垣は「座ってないですよ」と笑顔でツッコミ。さらに向井からも「ぶれない方だなと。僕は演じたキャラクター上、わりとちょっかいを出したりしましたが、全然ぶれなくて悔しい思いをしました(笑)」と、可憐なガッキーの、意外にもしっかりとした一面が明かされた。また、薬師丸は「仕事を離れたところでもお互いを尊重できる関係、それが映画の空気にもなってる気がしました」と、現場の雰囲気の良さを語った。

また、「ハナミズキ」の歌詞の「君と好きな人が百年続きますように」というフレーズにかけて、「恋が100年続くために必要なことは?」という質問が。新垣は「ふたりにとって人生で一番大事な時期を過ごし、お互いが特別なものになっていったのかなと。そういう出会いは恋人だけではなく、家族であったりもするし、必ず誰しもが持ってる運命なんだろうなと」と熱く語ると、生田も「愛ですね。今の恋愛の形って毎日会わなきゃいけないとか、そういうところでつながってるけど、『ハナミズキ』では離れていても、相手を思う気持ちでつながってる。すごくキュンとしたり、切ない気持ちになれるのではないかと思います」。

最後に新垣が「現実にも起こりうる日常を描いてますが、その中でも奇跡とか運命を信じたくなる要素がちらほらあって、壁にぶつかった時とかに、みなさんの励みになれば」と締めくくった。

運命に導かれ、10年間想い合っていく恋人たちだけではなく、家族の絆や普遍的な愛がしっかりと描かれている『ハナミズキ』。観た後、自分の周りの人たちが愛おしく感じられるラブストーリーなので、是非大切な人と共に映画館を訪れてほしい。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報