新人女子アナは元アイドル!FBS福岡放送・小林茉里奈の福岡奮闘記【第2回】

AKB48で活躍中からアナウンサーを志し、新天地・福岡で夢をつかんだFBS福岡放送の新人アナウンサー小林茉里奈さん。彼女の女子アナデビューを追う第2回目は、お昼のニュース番組での姿をキャッチしたゾ。

新人アナウンサーの仕事に密着

テレビではおなじみのFBSのニュースセンターに潜入
  • テレビではおなじみのFBSのニュースセンターに潜入

【10:30】ニュース開始1時間10分前。空気が張り詰めるFBS福岡放送の報道フロアで原稿読みをしている小林アナウンサーを発見!

研修を終え、画面にデビューしたのは6月のこと。今回が10回目ぐらいのニュース
  • 研修を終え、画面にデビューしたのは6月のこと。今回が10回目ぐらいのニュース

記者から予定のニュース原稿を渡されると、まずは読み込み、小林さんなりの秒数をストップウォッチで測るのが最初の仕事。何秒で読めるかをブロックごとに割り出し、それを編集マンに渡す。秒数に合わせて映像を作ってもらうためだ。小林さんの読むタイミングにあわせたニュース映像ができあがる。

先輩アナウンサーにアクセントなどの指導を受ける。地名は特に難しい
  • 先輩アナウンサーにアクセントなどの指導を受ける。地名は特に難しい

【10:50】その後何度も原稿を読む。アクセントなどつかみにくいところは先輩の伊藤舞アナウンサーの指示を仰ぐ。この後、高速道路での事故などのニュースが入ってきたため、原稿が差し替えに。伝える内容が変われば最初からやり直しだ。改めてできあがった原稿を時間ギリギリまで読み、いざ本番。

真剣な表情でお昼のニュースを伝える小林茉里奈アナウンサー
  • 真剣な表情でお昼のニュースを伝える小林茉里奈アナウンサー
カメラのランプをじっと見つめる
  • カメラのランプをじっと見つめる

【11:35】開始5分前、スタジオにスタンバイ。イヤホンをつけてカメラに向き合い、指示を待つ

放送終了後、ほっとした表情の小林さん
  • 放送終了後、ほっとした表情の小林さん

直前にニュースが変更になったり、情報が変わったりしたものの、無事に2本のニュースを伝えおえた。ほっとした表情の小林さん。イヤホンで「緊張していたでしょ?」といわれ、思わず苦笑い。

終了後すぐに、実際の放送を見ながら先輩アナウンサーの伊藤舞さんからアドバイスをもらう
  • 終了後すぐに、実際の放送を見ながら先輩アナウンサーの伊藤舞さんからアドバイスをもらう

今日のニュースは何点?

放送を終え、やさしい笑顔に戻る小林さん
  • 放送を終え、やさしい笑顔に戻る小林さん

ーーー今日の感想は?

小林「全然ダメでした。緊張しすぎて。一番最初の『こんにちは』という挨拶の際に声が上ずってしまいました。もともと声が低くて、高音が出ないので腹式呼吸などをして身につけていきたいです。」

ーーー緊張していたのはそれほど伝わりませんでした。

小林「『緊張しないでしょ?』『カメラに慣れているもんね』なんていわれますがそんなことはないです。アナウンサーとパフォーマンスは種類が違うものです。ニュースは伝える責任があるし、もし間違えたらどなたかを傷つけてしまうかも知れませんから、言葉の重みが違います。もちろん、アイドルが軽く喋っていいというわけではありませんよ。見た目に緊張が出にくいのはAKB時代の経験が生きているかもしれません。」

ーーーずばり何点ですか?

小林「うーん、40点です。まだ100点を出したことはありません。」

自分に厳しいタイプかもしれないと話す
  • 自分に厳しいタイプかもしれないと話す

ーーー自分に厳しいタイプ?

小林「そうかも知れませんね。自分のアナウンス技術はまだ未熟ですから。今のところはずっと辛い採点です。」

ーーー華やかな世界を想像しがちですが、準備は意外にも孤独な作業ですね。

小林「机に座ってひとりで読んでいるのでそう見えたかも知れませんが、実際はそんなことはないです。雑音の中、声を出して読んでいるのも周りの皆さんは聞いてくださっていて、間違っているところがあったら言いに来てくれます。ありがたいです。」

ーーー番組の直前は時間との闘いですね?

小林「今日はニュースが直前に更新となって慌てました。しかし今日はまだ良いほうで原稿自体が11:00以降に出ることもあります。編集マンへ渡す前の原稿読みはスピードが大事ですが、原稿内容をしっかり読みとっていくことも大切。適当に読んであとで秒数が変わってしまっては、映像とのタイミングがずれてしまうからです。スピードと正確さの両方が大切です。」

仕事のことを語る時の表情は凛として思わず見惚れる
  • 仕事のことを語る時の表情は凛として思わず見惚れる

ーーー今のところの手ごたえは?

小林「ちょっとずつ成長できているかな?と思うところもありますが、『なんでこんなことができないの?』と落ち込むこともあります。」

ーーー次のニュースも期待しています!

小林「はい!」

大きくうなづく小林アナウンサー。今後、どんな番組に登場するのか、どのように成長していくのか、活躍が楽しみです!次回は、もっと小林さんの内面に迫ってみたいと思います。

⇒九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはコチラ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報