樹木希林、黒木華は「これからの日本映画を背負って立つ役者」と太鼓判

初共演を果たした黒木華&樹木希林、お互いの印象は?
  • 初共演を果たした黒木華&樹木希林、お互いの印象は?

映画『日日是好日』(10月13日公開)の完成披露舞台挨拶が7月31日にMOVIX京都で開催され、黒木華、樹木希林、大森立嗣監督、原作者の森下典子が着物姿で登壇。黒木が「こういう人になりたい」と初共演を果たした樹木への憧れを明かした。

エッセイスト森下典子が、約25年にわたって通い続けた茶道教室での日々を綴ったエッセイを映画化した本作。本当にやりたいことを見つけられずにいた20歳の主人公・典子が、母の勧めで通い始めた茶道教室で様々なことを学び、ゆっくりと成長していく姿を描く。

主人公・典子役を黒木、典子が通う茶道教室の武田先生役を樹木が演じた。本作で初共演を果たした2人だが、黒木は「本当にカッコいい」と樹木の存在感に惚れ惚れ。「人としても女優さんとしてもそう。“こういう人になりたい”という人は、これまでそんなにいなかったんですが、初めて“こういう人になりたい”と思った」と語る。

樹木は「そうなんですか」とうなずき、「ありがとうございます」と感謝の一言。「黒木さんていう方はね、しなやかですごく強い。強いというのは、外に出すものではなくて、持っているものが強い。これからの日本映画を背負って立つ役者さんだなと期待しています」と絶大な信頼を口にした。

またこの日は、劇中のお茶教室に飾られた「日日是好日」の文字を書いた京都在住の中学生、中西凜々子も登場。樹木の提案で中西の文字が採用されたそうで、樹木は「書は見るもの。絵は読むものと教わってきました。凜々子さんの書は、まさに見るもの」と大絶賛。黒木もこの書があることで「お茶室がグッと広がるような感じがした」と話す。

「黒木さんのファン」と明かした中西は「映画で使われる書を書かせていただけるということは、とても貴重な体験。この体験を無駄にしないように、心を込めて書きました」と書への想いを語っていた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報