六本木ヒルズがドイツに!「クリスマスマーケット」開催

本場ドイツを思わせる街並
  • 本場ドイツを思わせる街並

11/29、六本木ヒルズ(東京都港区)「東京シティビュー」前のスペースに、ドイツを思わせる豪華な街並が登場した。ことしで2回目、本場ドイツのクリスマス雑貨やホットワインを売る店が並ぶ「クリスマスマーケット2008」だ。初日の今日はサンタクロースも登場。カップルや家族連れなど、大勢の人で賑わった。

人気だったのはやはりドイツビール。ミュンヘンビールを販売する「フランツグリル」ではまったりとした舌ざわりとフルーティーな飲みやすさが特徴の生ビール「フランツィスカーナー」(Sサイズ900円)や、「ジャーマンソーセージ」(500円)などを求める人の行列ができた。

ことし初出店の「カフェ・タンネヴァルト」では野外ならではのホット・ドリンクを多くそろえた。ラズベリーやブルーベリーの香りが際立つホットワイン「グリューワイン」(600円)や本場の「ジャーマンホットチョコレート」(400円)は、イルミネーション散策のお供にオススメのドリンクだ。

ドイツクリスマスショップ「ケーテ・ウォルファルト」は、日本でここだけしか買えないかわいいグッズがいっぱい。中でお香を炊ける木製人形「スモーキー」(3000円〜)は、サンタクロースや動物、女の子など30種類以上から選べる。人気なのはサンタと、来年の干支の牛だとか。そのほか素朴でかわいいクリスマスグッズは、見ているだけでも楽しいかも。

同イベントは12/25(木)まで。サンタクロースは12/7(日)・12/21(日)に出演予定。六本木ヒルズで、本場ドイツのクリスマス体験をしてみては?【東京ウォーカー/白石知沙】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報