23キロ減量後のシャーリーズ・セロン、美脚の秘訣はエアロバイク!?

役作りの増量から見事スタイルを戻したシャーリーズ・セロン
  • 役作りの増量から見事スタイルを戻したシャーリーズ・セロン

映画『タリーと私の秘密の時間』(8月17日公開)で3児の母を演じ、役作りのために50ポンド(約23キロ)もの増量を果たしたシャーリーズ・セロン。2016年9月から始まった撮影期間中、体重を維持するためにジャンクフードを詰め込んだシャーリーズは、加工食品の摂りすぎによって激しい気分の落ち込みに襲われたという。

今年4月に行われたプレミアでは、すっかり元通りの美貌を見せていたシャーリーズだが、「地獄のような」減量に1年半を要したと話している。最近はスポーツウェアで外出するところを頻繁に目撃されており、さらなるボディ磨きに努力を重ねているようだ。先日はジムでハードなトレーニングをした直後をパパラッチされ、すっぴん顔を上気させて歩くシャーリーズの写真がデイリー・メールに掲載されている。

シャーリーズがワークアウトに使ったのは、全米に支店を持つエアロバイク・エクササイズスタジオ「ソウルサイクル」だ。2006年の立ち上げ以来爆発的な人気を博した「ソウルサイクル」は、ニューヨークだけで20か所、全米とカナダに100か所近くの支店を持つ人気フィットネス・スタジオ。ダンスミュージックに合わせて大勢でリズミカルにペダルを踏む“スピン・クラス”は、一般のジムでも人気のメニューで、ドラマのワンシーンとして描かれることも多い。

7日に43歳の誕生日を迎えたシャーリーズは、素顔でもジャージでも持ち前の美貌は相変わらず。長い脚を強調したタイトなレギング姿は、プレミアの時よりさらにほっそり見えるほどだ。セス・ローゲンとの共演が話題のコメディ映画『Flarsky(原題)』(2019年2月全米公開予定)の撮影を終えたばかりだと伝えられているが、次回作への身体作りはすでに準備万端のようだ。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報