劇場版公開直前!いまさら聞けない「七つの大罪」の基礎をおさらい(1/2)

2012年から、週刊少年マガジンで連載中の大ヒットコミック「七つの大罪」。14年にTVアニメ化され、16年にスペシャルアニメ、今年はTVアニメ第2期が放送された。原作が累計2800万部を突破するなど大ブレイク中の本作だが、8月18日(土)からは『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』も公開!その前に、映画をより楽しむべく物語のあらすじや世界観を、いま一度おさらいしてみよう!

大人気バトル漫画が原作の『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は8月18日(土)より公開スタート
  • 大人気バトル漫画が原作の『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』は8月18日(土)より公開スタート

本作の主人公は酒場“豚の帽子亭”を営むメリオダス。彼は王国に仕える騎士団<七つの大罪>の団長だったが、10年前にある事件の濡れ衣を着せられ、団は解散し、団員たちも散り散りになってしまう。騎士団解散後の王国は滅亡寸前にまで陥り、この危機を救うために旅をしていた王国の第3王女エリザベスとメリオダスが出会うところから物語は始まる。

最強の騎士団<七つの大罪>とは?

メリオダスを中心に構成される騎士団<七つの大罪>。冤罪とはいえ、メンバーそれぞれの罪状にちなんだ“罪”が通り名となっており、メリオダスは<憤怒の罪(ドラゴン・シン)>と呼ばれている。そのほか、<強欲の罪(フォックス・シン)>のバン、<嫉妬の罪(サーペント・シン)>のディアンヌ、<怠惰の罪(グリズリー・シン)>のキング、<色欲の罪(ゴート・シン)>のゴウセル、<暴食の罪(ボア・シン)>のマーリン、<傲慢の罪(ライオン・シン)>のエスカノールの計7人で構成。妖精や巨人など種族も様々で、一人ひとりが一騎当千の力を持った精鋭部隊なのだ。

【写真を見る】『劇場版 七つの大罪』で繰り広げられる大迫力の戦闘シーン
  • 【写真を見る】『劇場版 七つの大罪』で繰り広げられる大迫力の戦闘シーン

テレビアニメ第1期ではエスカノールを除く6人が再集結。そのきっかけとなったエリザベスや、酒場で働くマスコット豚・ホークと共に、王国崩壊の危機を救うために尽力した。今年の6月末まで放送された第2期ではエスカノールも騎士団に復帰し、3千年の封印から甦った魔神族最強の部隊<十戒>との死闘が展開されている。

胸を熱くする「七つの大罪」のバトルシーン!(2/2)
  • 1
  • 2

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報