リアリティ番組出演のメーガン妃異母姉、整形依存タレントも参戦!?

メーガン妃の異母姉がリアリティ番組に?
  • メーガン妃の異母姉がリアリティ番組に?

メーガン妃の不義理を罵倒し続け、暴露本執筆まで宣言していたメーガン妃の異母姉、サマンサ・マークル。元々女優志望だったサマンサは、成功した異母妹への嫉妬と知名度への執着心に、とりわけ根深いものがあるらしい。メーガン妃のおかげで有名人願望をかなえたサマンサは、今月16日から放送予定のリアリティ番組「セレブリティ・ビッグブラザー(英国版)」に出演予定と噂されている。

2001年に開始した同番組は、有名人たちがカメラの監視下で数週間の同居生活を送り、視聴者投票で不人気だった参加者が脱落していくリアリティ番組だ。ここ数年視聴率がふるわず、「今回のシリーズで本当に最終回」と言われている中、サマンサ・マークルの出演は大きな起爆剤になると期待されているようだ。

現時点で出演が取りざたされているメンバーは、アーセナルFCなどで活躍したサッカー選手のジャーメイン・ペナントや、80年代に大ヒットを連発した歌手のシニータ、ポルノ女優のストーミー・ダニエルズなどだが、新たに名前が挙がっているのが「人間版ケン・ドール(バービーのボーイフレンドのケン人形)」として有名なロドリゴ・アルベスだ。

ブラジル出身のロドリゴは、現在までに60回の整形手術と103回の美容施術を受け、容姿を変えるために50万8000ポンド(約7300万円)以上を費やしてきたと言われている。今までに何度も出演オファーをされてきたそうだが、ついに今シリーズの出演契約にサインしたとの情報をデイリー・スターなどが報じている。

実際の出演者は初回放送まで明かされないとのことで、アクの強いセレブたちに混じってサマンサ・マークルが登場するのか否かに、今後ますます注目が集まっていきそうだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報