『銀魂2』いよいよ公開!小栗旬「みんなたくましくなって帰って来た!」菅田将暉&橋本環奈の進化に喜び

小栗旬、80歳になっても銀ちゃん演じる!?菅田将暉&橋本環奈「僕らは70代?」と爆笑
  • 小栗旬、80歳になっても銀ちゃん演じる!?菅田将暉&橋本環奈「僕らは70代?」と爆笑

人気コミックを映画化し、17年度実写邦画ナンバーワンの大ヒットを記録した『銀魂』の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)が、いよいよスクリーンに登場する。実写化成功の最大の要となったのは、銀ちゃんを中心とする万事屋のメンバーのノリとハマり度。小栗旬、菅田将暉、橋本環奈を直撃し、前作からパワーアップした点、気になる今後の展望までを聞いた。

パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む“銀ちゃん”こと坂田銀時(小栗)と、新八(菅田)、神楽(橋本)といった仲間たちの身の上に起きる奇想天外な騒動を描く本シリーズ。数あるコミックの実写化作品のなかでも、観客にここまで受け入れられた映画も珍しい。

座長の小栗は「こういったお祭りごとにできたのは、原作の世界観があったからこそ」と前作の成功について分析する。「真面目なほうにも、おもしろいほうにも振ることができる。そして原作の空知英秋先生が『福田雄一監督だったら(やりたい)』とおっしゃっていたように、原作と福田監督のノリや流れみたいなものが、合致したことが大きいと思います」。「新しい人たちが続々とやってくるのも、万事屋としてはワクワクする!」と言うと、菅田も「福田さんの人望もそうだし、小栗さんが真ん中にいることで、これだけの人が集まっているのがすごい」と豪華キャストの集結にも惚れ惚れだ。

爆発的人気を得た前作を経て、第2弾では万事屋の絆、掛け合いのテンポもよりパワーアップ。進化を感じるのは、どんな点だろうか。

小栗は「前作から今作の撮影をするまでに1年半空いているんですが、その間もどこか地続きのような感覚があって。3人でいられる時間も多かったし、自宅にも遊びに来てもらって、僕の家族とも一緒に過ごしてくれて。すると2人の本当の人となりも見えてくるんですよね。この2人の前では、普通の僕でいても大丈夫だなと思ってます」と菅田と橋本への想いを吐露。

さらに「この1年半の間に、それぞれがいろいろなことを経験してきた。菅田なんて、ミュージシャンにもなったもんね(笑)!みんなすごくいい時間を過ごして来たんだなあと感じられる現場だった」と感慨深けで、「ただ『銀魂』が、その時間に培ったものを発揮する場所なのかはわからないけど!」と言い放つと、菅田も橋本も大爆笑。小栗は、自身の代表作「クローズZERO」シリーズと似た感覚を覚えるそうで「『クローズZERO』でも、鈴蘭高校の仲間たちがものすごくたくましくなって『2』に戻って来て。『いまの鈴蘭、絶対負けねえな!』と感じることができた。『銀魂』もみんなたくましくなって帰って来た」と胸を張る。

菅田は「前作はみんなどこか仁王立ちのようで、肩に力が入ったところからのスタート」と述懐。「今回はみんな前のめりで、肩をブンブン振り回している感じだった。特に小栗さん、環奈ちゃんの二人は、ツッコむ僕からしたら『好き勝手やりやがって』という感じです(笑)。うれしいし、その分、思い切りツッコんでやろうと思う。新八には『銀さんんんんん!』というツッコミワードがあるんですが、前回は『ちょっと違うなあ』と反省もあって。その点も如実に進化していると思います」。

橋本も「前回の撮影では、初日にすごく緊張していたんです。カブトムシを採るシーンからの撮影だったんですが、全員と初共演ですし、福田組も初めて、しかも神楽という大役。『〜アル』というセリフにも不安がありました」とプレッシャーを振り返りつつ、「今回はものすごく『銀魂』の空気感を楽しみました!今回のほうが、よりいい思い出がたくさんあります。本当に楽しんだなあって」とニッコリ。

前作での橋本の振り切りぶりには観客も大いに驚いたが、神楽の“鼻ほじ”“ゲ○吐き”に続く、名シーンも待ち望まれる。3人は、神楽のキャバクラでの“厚塗りメイク姿”を猛プッシュする。

菅田が「もう鼻をほじったくらいでは、話題になってくれない。悲しいねえ」と切り出し、小栗も橋本も「アハハ!」と笑顔。菅田が「環奈ちゃんは、本当にたくましかった。若い女優さんが『そういう道もあるんだ!』と思えるよね。パイオニアだよ!」と橋本の女優魂を大絶賛するなか、小栗も「今回は、“しゃくれる”からね。岡田将生くんがうまくしゃくれられなくて、落ち込んでいて。環奈ちゃんがバシッと福田さんの求めるものを決めたもんだから、岡田くんは『師匠!』って言ってたよね」、橋本が「しゃくれに関しては、ずっと練習していたんです」と続くなど、それぞれが笑いに本気で向き合うことも、本シリーズの大きな魅力だろう。

ノリノリで『銀魂』の世界に飛び込み、エネルギーを爆発させる彼らを目にすると、さらなる続編を望む声も上がるはず。シリーズ化への意欲について、聞いてみよう。

小栗は「僕は真面目で硬派な俳優としてやってきたんで。おもしろいことをやらせてもらえるようになって、得といえば得ですよね。でももう少しすると、キャリアに傷がつくかもしれない(笑)」とお茶目に語りながら、「ここまで来たら『夏だ!銀魂だ!』ということにしたいなとは、みんな思っています」とうれしい言葉。「目指せ、『男はつらいよ』シリーズのように50作?」と尋ねてみると、「そこまでやるとね、僕は80歳になっちゃう」(小栗)、「それ、おもろいなあ。僕らは70代?」(菅田)、「それはちょっとキビしい!?すごいけど(笑)!」(橋本)と笑顔の絶えない彼ら。今年も『銀魂』が日本の夏を元気にしてくれそうだ。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報