エイジア エンジニアのニューアルバムは“エコ”仕様?!

ライブでもゴミがチケットになる大規模なエコイベントを開催
  • ライブでもゴミがチケットになる大規模なエコイベントを開催

現在、世間は“エコ”が話題となっているが、そんなエコ活動を2年前から積極的に取り組んでいたアーティストがいる。チーム・マイナス6%とのコラボレーションで注目を浴びているエイジア エンジニアだ。そんな彼らの12/10(水)に発売される3rdアルバム「Our time is coming」にはさまざまなエコのエッセンスが込められている。

「LOVE&PEACE」をテーマに収録した3rdアルバムには14曲中、“エコ”メッセージを込めた曲が3曲収録されており、アルバム2曲目に収録されている「花 〜It's gonna be bright〜」は日本一の巨大ショッピングモール、イオンレイクタウン越谷限定で販売されている「ACTGREEN」コンピレーション用に書き下ろした楽曲。

エコをテーマにしたこのコンピレーションにはC.W.ニコル氏や岡本真夜さんさんも参加。レイクタウンエコウィークライブにはサザンオールスターズの関口氏らとともに参加した。9曲目の「Hot to the COOL DOWN」では恋愛に熱をあげる心情を、地球温暖化になぞらえて書いたラップグループならではの技ありの1曲。10曲目に収録の「気楽に。」のテーマはスローライフ。「エコってなんだか難しそう…」という疑問に対して、「無理せずに楽しく行こう」という答えを投げかけてくれる曲だ。同曲は環境省のチーム・マイナス6%応援ソングにもなっている。

そして、今回のこのCDは「カーボンオフセットCD仕様」。アルバム制作で発生するにCO2を算出し、そのCO2を相殺するために一定の金額を坂本龍一さんの主催する植林団体「more trees」に寄付するという徹底ぶり。ジャケットの紙には昨年から再生紙を利用している。

ライブ活動でも、中学校のPTAからの要請でエコ座談会を盛り込んだライブを実施。音楽の楽しさを通して、子供達にエコの重要性をアピールしたり。11/24千葉マリンスタジアムでに行われたゴミがチケットになる大規模なエコイベント「湾岸丸ごとゴミ拾いライブ」にも神田うのや大林素子らと参加した。なんでもメンバーのZROは12/21(日)に行われる「エコ検定」に向けて毎日猛勉強中とのこと。音楽とエコのコラボレーションにエイジア エンジニアの活躍が期待される。

【CDリリース情報】
3rd Album『Our time is coming』(2008年12月10日発売)
CD+DVD: RZCD-46064/B 3,990円(tax in)
CD: RZCD-46065 3,150円(tax in)

キーワード

[PR] おすすめ情報