で、結局ことしのクリスマスイルミ、ホントにいいのはどこ? 10スポットを厳選!

ことしのイチオシは…
  • ことしのイチオシは…

12月に入り、街はすっかりクリスマスムード。各地のイルミネーションもほぼ出揃った。ただ、これだけイルミがあると、どこに行くべきか正直迷うだろう。ちなみに昨年のWalkerplusクリスマス特集のブックマーク・ランキングを調べてみると…。

1位は意外(?)にも「カレッタ汐留」。ことしも昨年同様、幻想的な大海原を表現する青いイルミネーション「BLUE OCEAN」が神秘的だ。2位は通り一帯が華やかな輝きに包まれる「丸の内仲通り」。3位はエリアごとに違った色のイルミネーションが見られる「六本木ヒルズ」。以下、クイーンズスクエア横浜、ららぽーと豊洲と続く。

さて、昨年のおさらいはこのくらいにして、ことし見るべきスポットの本命はどこだろう?

東京ウォーカークリスマス担当がイチオシするのは「東京ミッドタウン」。パリのシャンゼリゼ通りをそのまま空輸して再現したという「シャンゼリゼ・イルミネーション」が目玉。12/25(木)まではホットサングリアやレモネードを飲みながら楽しむことができる。宇宙が出現する芝生広場の約30分に1回の間隔に起こる空から流れ星が落ちてくる演出には誰もが感動すること間違いなし。

次に、カップルにオススメしたいのが「六本木ヒルズ」の屋上。海抜270mから360度見渡せる東京シティビューの屋上で、夜景+イルミが両方楽しめる。

買物ついでに寄って驚くのは「アニヴェルセル表参道」だろう。カフェで休憩しつつ天井を見上げれば別世界が広がる。

ひっそりとクリスマスを楽しみたい人は「ザ・プリンスパークタワー東京」へ。ホテルの前に広がる庭園がライトアップされ、まるでヒカリの庭を歩いているかのよう。さほど混雑していないので“口説ける場所”かもしれない。

密着したい人は「赤坂サカス」。スケートリンク+イルミで滑りながら盛り上がれそうだ。

アミューズメント感覚でイルミの王国と化すのは「国営昭和記念公園」(12/5〜)。約7000個ものグラスを使ったシャンパンタワーには誰もが驚くはず。12/20(土)、24(水)には20時から5分間、花火も打ち上げられる。

ファミリーには「多摩センター」がいい。世界でココだけ!のキティちゃんイルミが展開され、キティファンが全国から訪れるそうだ。

大きなツリーが見たい!という人は青山通りの「エイベックスビル」前に集合! 27mもの巨大ツリーは圧倒的な存在感だ。

イルミの下をのんびり歩きたいというアナタには「竹ノ塚 光の祭典」へ。駅から会場の元渕江公園まで1.2�もの光のけやき並木が続く。公園ではホンモノのトナカイにも出会える。

最後に、街全体が光に包まれる「お台場」は冬に必ず1回は訪れてほしい場所。これだけイルミ名所が集まっている場所はないので、誰を連れて行っても喜ばれるはず。特に、「デックス東京ビーチ」の20mツリーと、ヴィーナスフォートの降雪イルミは必見だ。【東京ウォーカー/小原陽子・齊藤宗敬】

◆Walkerplusクリスマス特集2007より「イルミネーション人気ベスト10」
1位:カレッタ汐留
2位:丸の内仲通り 丸の内イルミネーション
3位:Artelligent Christmas 2008
4位:クイーンズスクエア横浜
5位:LaLaport TOYOSU☆CHRISTMAS
6位:ヴィーナスフォート
7位:恵比寿ガーデンプレイス 『Bacarat ETERNAL LIGHTS −歓びのかたち−』
8位:光の祭典2008
9位:ミキモト ジャンボクリスマスツリー
10位:東京ドームシティ ハッピークリスマス2008

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報