強羅だけじゃない!多彩な名所がずらり!神奈川県の紅葉スポット8選

エリアごとに多彩な観光名所がそろう、神奈川県。秋になると、各地で美しい紅葉を楽しむことができる。

神奈川県の紅葉といえば、箱根美術館などを有する強羅エリアが有名だが、その他にも見逃せないスポットが目白押し!

海・夜景・紅葉が織りなす絶景、ボートに揺られながらの紅葉鑑賞、かわいい動物と紅葉を一度に満喫…。それぞれ違った魅力を持つ神奈川県内の紅葉スポットを、8カ所厳選して紹介しよう。

鶴岡八幡宮/見ごろ:11月下旬~12月上旬

秋色に染まる鶴岡八幡宮の境内。旗上弁財天社へとかかる赤い橋と、紅葉のコラボは心を奪われる
  • 秋色に染まる鶴岡八幡宮の境内。旗上弁財天社へとかかる赤い橋と、紅葉のコラボは心を奪われる

鎌倉を代表する史跡のひとつで、季節を問わず多くの人が訪れる代表的な観光スポット。1828(文政11)年、江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営による代表的な江戸建築は、若宮とともに国の重要文化財に指定されている。

秋になると柳原神池や源平池などではモミジ、ハゼ、イチョウが彩りをそえる。特に柳原神池の美しいコントラストは、訪れた多くの人たちを魅了する人気のスポットだ。

住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 時間:6:00~20:30 休み:なし 料金:拝観無料 

大山寺・大山阿夫利神社/見ごろ:11月中旬~11月下旬

【写真を見る】紅葉の時期は夜になると、大山寺と阿夫利神社の下社でライトアップを実施(写真は大山阿夫利神社下社)
  • 【写真を見る】紅葉の時期は夜になると、大山寺と阿夫利神社の下社でライトアップを実施(写真は大山阿夫利神社下社)

大山寺の参道の階段や大山阿夫利神社周辺の紅葉は、例年11月中旬~下旬に見ごろを迎える。

昼には相模湾の眺望と共に紅葉を楽しむことができ、夜にはライトアップされた紅葉と、伊勢原市の夜景の見事なコラボレーションを望める。

大山寺・大山阿夫利神社下社まではそれぞれケーブルカーを使って行けるが、坂や階段を上ることもあるので、歩きやすい格好で行くのがおすすめだ。

住所:神奈川県伊勢原市大山724(大山寺)、大山12(大山阿夫利神社下社) 時間:見学自由、ケーブルカー9:00~16:30、土日祝~17:00 休み:なし 料金:大山寺御本尊の拝観400円

三溪園/見ごろ:11月下旬~12月中旬

三溪園にある聴秋閣は、徳川家光や春日局にゆかりがある建物。モミジと歴史ある建物の調和は趣深い雰囲気
  • 三溪園にある聴秋閣は、徳川家光や春日局にゆかりがある建物。モミジと歴史ある建物の調和は趣深い雰囲気

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家である原三溪が、1906(明治39)年に開いた日本庭園。

面積は17万5000平方メートルと東京ドーム約4個分の広さがあり、敷地内には京都や鎌倉などから移築された歴史的建造物17棟が点在する。

園内の各所でそれらの建物とモミジやイチョウが調和した、美しい風景を堪能できる。横浜にいながら、まるで古都を散歩しているような雰囲気を楽しめる。

住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1 時間:9:00~17:00(最終入場は16:30まで) 休み:12/29~31 料金:高校生以上700円、小・中学生200円 

県立相模湖公園/見ごろ:11月上旬~下旬

昭和22年に相模ダムの完成と共にできた相模湖。ボートに乗って湖から見る紅葉も一興だ
  • 昭和22年に相模ダムの完成と共にできた相模湖。ボートに乗って湖から見る紅葉も一興だ

相模湖畔の北側に位置する県立公園。園内には芝生広場や噴水広場があり、多くの家族連れでにぎわう。芝生スペースが広く、レジャーシートを広げてのんびりと過ごせるのも魅力だ。

また、相模湖の湖面に映る嵐山の景観は大変美しく、その紅葉と夕日に照らされた相模湖のコントラストは思わず息をのむほど。遊覧船やボートに乗り、相模湖上から紅葉を楽しむこともできる。

住所:神奈川県相模原市緑区与瀬317-1 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

大雄山最乗寺/見ごろ:11月中旬~12月上旬

大雄山最乗寺は開山堂、鐘楼、石畳の参道のほか、天狗の小径の紅葉も見応えがある
  • 大雄山最乗寺は開山堂、鐘楼、石畳の参道のほか、天狗の小径の紅葉も見応えがある

伊豆箱根鉄道大雄山線の終点にある寺院。秋の終わりから初冬にかけて、開山堂から鐘楼、結界門へかけての石畳の参道周辺が紅葉ポイント。木々が一斉に色付くのは圧巻だ。

住所:神奈川県南足柄市大雄町1157 時間:見学自由 休み:なし 料金:拝観無料

生田緑地/見ごろ:11月中旬~12月中旬

紅葉と黄葉が折り重なり美しいコントラストを作る、生田緑地。30mもの高い木々が立ち並ぶメタセコイア林の黄葉は、幻想的な雰囲気だ
  • 紅葉と黄葉が折り重なり美しいコントラストを作る、生田緑地。30mもの高い木々が立ち並ぶメタセコイア林の黄葉は、幻想的な雰囲気だ

園内ではノムラカエデやイロハモミジの紅葉、雑木林やメタセコイアの黄葉が楽しめるほか、枡形山展望台から紅葉越しの富士山や東京スカイツリーなどを望むことができる。

住所:神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-4 時間:見学自由 休み:なし(園内各施設には各館定休日あり) 料金:無料(園内各施設には有料部分あり)

横浜市立金沢動物園/見ごろ:11月~12月上旬

多種多様な動物と紅葉の共演が魅力の横浜市立金沢動物園。写真はユーラシア区のエリアにいるホンシュウジカ。ふり返る姿がかわいらしい
  • 多種多様な動物と紅葉の共演が魅力の横浜市立金沢動物園。写真はユーラシア区のエリアにいるホンシュウジカ。ふり返る姿がかわいらしい

さまざまな動物と鮮やかな紅葉が楽しめるのは、金沢動物園ならでは。毎年秋になると、ホンシュウジカエリアのイチョウ並木や、オオカンガルー展示場近くのイロハモミジなどが美しく色づく。

住所:神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1 時間:9:30~16:30(最終入園16:00) 休み:毎週月曜(祝日の場合翌日)、12/29~1/1※5、10月はなし 料金:大人500円、高校生300円、小・中学生200円

池峯 もみじの郷/見ごろ:11月下旬~12月上旬

池峯 もみじの郷は11月下旬から見ごろを迎えるが、12月に入ってからも楽しめるのがうれしい
  • 池峯 もみじの郷は11月下旬から見ごろを迎えるが、12月に入ってからも楽しめるのがうれしい

もみじの郷へと続くハイキングコースに、黄色と紅のモミジが植栽されている。小鳥のさえずりを聞きながら美しい紅葉を眺めれば、ハイキングの疲れも思わず吹き飛ぶだろう。

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上 時間:見学自由 休み:なし 料金:無料

■『秋Walker首都圏版2018』

編:東京ウォーカー編集部
発売日:2018年8月8日(水)
定価:734円
発行:株式会社KADOKAWA





キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

このニュースで紹介されたイベント

[PR] おすすめ情報