「SUMMARY2010」で、Hey!Say!JUMPがサーカス団に!?

Hey!Say!JUMPと総勢100名のジャニーズJr.が総出演するエンターテインメントショー

「SUMMARY2010」が、7月21日、東京・水道橋のJCBホールにて開催された。同公演は‘04年にスタートし、これまでNEWSやKAT-TUNなどの人気グループが出演。ことしは‘08年に引き続きHey!Say!JUMPが大役を担うことになり、7月19日から8月29日にかけて全56公演、延べ14万人を動員する予定だ。

今回のテーマは「サーカス」ということで、メンバーは和太鼓や殺陣、ジャグリングなど、個性豊かなパフォーマンスを披露。特に山田涼介と有岡大貴の綱渡り、知念侑李の空中ブランコは、観客が固唾を飲んで見守る中見事成功し、拍手喝采を浴びた。そのほか、メンバー全員が10匹のイヌと共に一発芸や縄跳び、玉乗りやハードル越えに挑戦し、十人十色の才能を発揮するステージとなった。

また、この日はサプライズゲストとして関西ジャニーズJr.の人気メンバー・中山優馬が登場。昨年末の紅白歌合戦でも披露した「N.Y.C」を山田、知念と共に熱唱し、ファンを喜ばせた。ラストは、初めて全員で作詞に挑戦したという「Thank You〜僕たちから君へ」など、Hey!Say!JUMPメドレーを熱く歌い上げ、「これからも初心を忘れずに突っ走っていきます!」と活躍を誓った。

公演後の囲み取材では、山田と有岡が挑戦した綱渡りの話題に。山田が「公演が始まった時からずっと綱渡りの事ばかり気になって・・・僕、本当はフライングも怖いくらいなのに(笑)」と不安を明かすと、薮宏太が「確かに、フライングの時の山田は手汗が尋常じゃない」と暴露し、笑いを誘った。また、空中ブランコで類まれない身体能力の高さを見せた知念は「仕事が無くなったらいつでもサーカス団においでって誘われました」と、にっこり。「練習も含めて、すごく楽しかった」と、見かけとギャップのあるタフな一面を見せた。

最後に、この夏を乗り切る“夏バテ対策”について問われると、メンバー全員で「ケータリングのご飯がものすごくおいしいので、いっぱい食べてます!!」と元気いっぱいに答え、平成生まれの若さを光らせた。

「SUMMARY2010」
7月19日〜8月29日 東京ドームシティ JCBホールにて開催中
※7月30日、8月6、13、20、27日は休演日

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報