島田秀平が手相占い!蓮舫議員は女性初総理大臣になれるかも?

エアベンダー線について語る島田秀平
  • エアベンダー線について語る島田秀平

7月22日、都内で『エアベンダー』(公開中)の公開記念イベントが行われ、手相占いで話題の芸人・島田秀平が登場した。

本作は『シックス・センス』(99)や『ハプニング』(08)など、驚愕の映像手法で観客の度肝を抜いてきた鬼才M.ナイト・シャマラン監督によるアクションファンタジー。長く続く戦乱の世に調和をもたらす者として希望を託された12歳の少年の活躍を驚愕のビジュアルで描く。4つの王国からなる世界は、火の国の反乱によって100年に渡る戦乱の世に。平和をもたらすことができるのは“氣・水・土・火”の4つの力を操れる者だけで、気の国の最後の生き残りであるアンこそが最後の希望となる、といった内容だ。

本作のパワーアドバイザーでもある島田は、自身考案の“エアベンダー線”を元に、政界など著名人の手相を診断。宿命の4つの線からなる“エアベンダー線”とは、ボランティア線、カリスマ線、神秘十字線、お見通し線からなる最強の手相であり、劇中の主人公アンが持つとされる。同じ手相を持つ著名人に民主党の蓮舫議員を挙げた島田は「(4つの中でも)お見通し線がはっきりしている。まさに仕分け人。女性初の総理大臣というのもありうる」と絶賛するなか、菅直人首相には「KY線がある。自分の強い意志があるとも言えるが、ユーモア線がない。政治家なので、もう少しほしいかもしれない」と評した。また、歌手の和田アキ子の手相を見た島田は「エアベンダー線はあるが、主人公のアンとは違い世界の均衡は保てないかも(笑)」とコメント。

映画のストーリーにあやかり、日本の救世主となるのは? の問いに島田は「やはり期待をこめて、エアベンダー線が4つはっきりとある蓮舫議員ではないでしょうか」ときっぱり答えた。【MovieWalker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報