10円メニューも登場!8月2日は“カレーうどんの日”

限定100名! 人気定番メニューの「千吉カレーうどん」が10円に!
  • 限定100名! 人気定番メニューの「千吉カレーうどん」が10円に!

8月2日が“カレーうどんの日”って知ってた? これは今年が“カレーうどん全国化100年”に当たることから新たに制定されたもの。記念日に合わせて続々とイベントが開催される中、カレーうどん専門店の「千吉 表参道店」からは、なんと「10円カレー」が登場するという。

「千吉」は首都圏を中心に展開中のカレーうどん専門店。かつおベースの和風だしに、牛乳を加えたまろやかなカレーうどんが人気だ。その「千吉」の表参道店で、通常680円のカレーうどんが10円で提供される。

同店で7月26日(月)〜30日(金)に整理券が配布され、整理券を持参して8月2日(月)の11時45分〜13時に同店を訪れると、晴れて10円カレーが食べられる。限定100名なので、早めに整理券をゲットしたい。

また、千吉では、ユニークな期間限定メニューも登場。「ボンゴレカレーうどん」(780円)を筆頭に、「キーマカレー」「ちゃんぽん」をアレンジした変り種メニューばかりだ。

ほかにも、「味の民芸」からは、さっぱりとしたトマトの甘味と、スパイスのさわやかさが特徴の「夏とまとの赤いカレーうどん」が登場。また、サークルK・サンクスでは、コクと辛みを調整できるスパイスの小袋がついた「混ぜカレーうどん」(430円)など、カレー総合研究所の井上氏が監修したこだわりメニューが、8月9日(月)まで限定販売されている。

暑い日が続くさなか、8月2日のカレーうどんの日。アツ〜イ夏は、ウマ〜イカレーうどんを食べて、夏バテを防止しよう!【詳細は7月20日(火)発売の東京ウォーカーを参照】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報