福岡最大級の岩盤浴ゾーンが登場!

広いスペースで開放的な「麦飯石浴」ゾーン
  • 広いスペースで開放的な「麦飯石浴」ゾーン

福岡市博多区の総合温泉施設「博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯」に、福岡では最大級の岩盤浴ゾーン「岩盤癒家 美癒炉」(がんばんゆや びゆろ)が7/22(火)にオープンする。今回の岩盤浴ゾーンの増設は、年間約26万人の利用者にさらなるリラクゼーションや発汗による美容・健康促進を提供しようと、開館当初からクローズドエリアだった3階部分の約470平方メートルの区画を整備したもの。総工事費は約2億円。新施設はアンチエイジング、美肌に適した「美容房」、脂肪燃焼、発汗に適した「燃焼房」、ミネラル補給に適した「癒し房」の3テーマで展開。それぞれテーマに合った石・ミスト方法・内装を選び、通常の岩盤浴効果に加え、香りや視覚でも癒しの効果が期待できるように仕上げている。このほか、フロア型・乾式の岩盤浴スタイル「麦飯石浴」も設置。開放的で広い室内の中央に麦飯石ヒーターが置かれ、利用客は、その周囲に敷かれたむしろの上で、自由に転がって体を休めることができる。

万葉の湯では、この岩盤浴ゾーンの誕生を記念して「7周年大感謝祭」と銘打ったサービスイベントを7/22(火)〜8/10(日)に行う。通常営業時間10:00〜翌朝9:00、岩盤浴営業時間は11:00〜24:00、休前日〜3:00、料金は一般高校生以上900円、会員600円 ※入館料別途、中学生以下利用不可。詳しい問い合わせは092-452-4126まで

【九州ウォーカー/渡辺健太】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報