美声とせつない恋が沁みる…登坂広臣×中条あやみ『雪の華』特報&第1弾ビジュアル解禁

雪景色を背景にせつない表情を浮かべる2人
  • 雪景色を背景にせつない表情を浮かべる2人

中島美嘉による冬の定番ラブソングを、登坂広臣・中条あやみW主演で映画化した『雪の華』の公開日が、19年2月1日(金)に決定。あわせて、映画の第1弾ビジュアルと特報映像が解禁となった。

余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)の夢は2つ。一つは両親が出会った“約束の地”フィンランドでオーロラを見ること。もう一つは、人生で初めての恋をすること。ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで兄弟を育てていること、しかし働く店が危機になっていることを知った美雪は、お金と引き換えに期間限定の恋を持ちかけた。かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京とフィンランドの2か所を舞台に、一生に一度の運命の恋が始まる。

お披露目となった第1弾ビジュアルは、フィンランドの美しい雪景色の中、悠輔と美雪が様々な思いを胸にせつない表情を浮かべる姿が対になっており、壮大なラブストーリーの幕開けを予感させる1枚となっている。

特報は、美雪が余命を宣告されるシーンからスタートし、「1か月でいいので、私の恋人になってください」と差し迫った声で悠輔に切願する“2人のはじまり”へ。東京で繰り広げられるデートシーンでは、ハンバーガーをたべる悠輔とそれを楽しそうに見守る美雪、デートの帰りに最後まで美雪を見送る悠輔、さらにはフィンランドで初めて2人が手をつなぐ様子も。期間限定と知りつつ惹かれていく美雪と、美雪の明るさや純粋な想いにどんどん心が溶かされていく悠輔。残された時間の中で、ぎこちなくも初々しい想いを互いに募らせていく2人の姿に、中島美嘉の歌声と歌詞が重なることでよりいっそう切なさが高まる。

5年ぶりの恋愛映画出演となる登坂は、両親をなくして兄弟を1人で養う悠輔を好演。最初は美雪の突拍子もない提案に怪訝な表情を見せるものの、次第に彼女に惹かれ心開いていく様子を繊細に演じている。一方で、無邪気な笑顔で悠輔の心を動かす美雪を演じた中条は、これまで演じることの多かった元気キャラを封印し、大人っぽくまったく新しい顔をのぞかせているようだ。

本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』(15)や『羊と鋼の森』(18)で知られる橋本光二郎監督。注目のキャスト・スタッフで描かれる本作は、この冬、最高のラブストーリー誕生となるに違いない。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報