日光・竜頭ノ滝で紅葉狩り!ビューポイントや周辺スポットを紹介

「竜頭ノ滝」(栃木県日光市)は、男体山の噴火によってできた幅10メートルほどの階段状の岩場を、勢いよく流れる渓流瀑。滝つぼ付近が大きな岩によって二分されており、その様子が竜の頭に似ていることからその名が付けられた。

竜になぞらえられた名瀑と、美麗な紅葉のコントラストを楽しめる竜頭ノ滝
  • 竜になぞらえられた名瀑と、美麗な紅葉のコントラストを楽しめる竜頭ノ滝

紅葉の名所とされている奥日光の中でも、色付きが早いのも特徴。10月上旬に見ごろを迎える。210メートルにわたって流れ落ちる滝を色鮮やかな紅葉が取り囲む様子を観瀑台から眺められ、撮影スポットとしても人気だ。

観瀑台以外に観瀑スポットとしておすすめなのが、遊歩道を少し上流側に歩いた場所にかかる竜頭の橋。橋から中禅寺湖側を見ると、龍頭の滝の上流の両側で色付いた、中禅寺湖まで続く色彩豊かな紅葉が楽しめる。迫力満点な滝と美しい紅葉のコラボレーションは圧巻だ。

さらに、周辺には見逃せない紅葉スポットが目白押し!なかでも足を運びたい、4つの名所を紹介しよう。

竜頭ノ滝に行ったらここに寄り道!

【スポット1】中禅寺湖

【写真を見る】中禅寺湖は標高1269メートルに位置し、自然湖としては最も高所にある 
  • 【写真を見る】中禅寺湖は標高1269メートルに位置し、自然湖としては最も高所にある 

日光国立公園にある中禅寺湖の周囲には、カエデやウルシ、ブナなどがあり、赤や黄に色付いた葉が湖面によく映える。遊覧船からゆっくり紅葉を眺めるのもおすすめだ。

【スポット2】霧降ノ滝

霧降ノ滝は、滝が岩壁に当たった時の水しぶきが、霧のようなことが名前の由来 
  • 霧降ノ滝は、滝が岩壁に当たった時の水しぶきが、霧のようなことが名前の由来 

高さ75メートルの、日光三名瀑のひとつにも数えられる滝で、かの葛飾北斎も描いたほどの名勝地。正面に観瀑台があり、紅葉と滝のコラボレーションを存分に楽しむことができる。

【スポット3】いろは坂

いろは坂は上りと下りを合計すると、48カ所もの急カーブがあるのが特徴
  • いろは坂は上りと下りを合計すると、48カ所もの急カーブがあるのが特徴

日光市街と中禅寺湖、奥日光を結ぶ全長山岳道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂があり、車中からでも山裾に広がる紅葉を楽しむことができる。

【スポット4】華厳ノ滝

エレベーターで行ける観爆台は、華厳ノ滝の間近にあるため迫力満点
  • エレベーターで行ける観爆台は、華厳ノ滝の間近にあるため迫力満点

高さ97メートルから落ちる迫力満点の滝。日光三大名瀑のひとつであり、エレベーターで行ける観瀑台から間近で見る滝つぼは圧巻の迫力。秋には周囲の木々が錦に染まり、趣深い姿に。

紅葉の名所・奥日光へ行くならぜひこの4カ所にも立ち寄ってほしい。

■竜頭ノ滝
住所:栃木県日光市中宮祠
時間:見学自由 
休み:なし
料金:無料

■中禅寺湖
住所:栃木県日光市中宮祠
時間:見学自由
休み:なし
料金:無料

■霧降ノ滝
住所:栃木県日光市所野
時間:見学自由
休み:なし
料金:無料

■いろは坂
住所:栃木県日光市細尾町
時間:明智平ロープウェイ9:00~16:00
休み:明智平ロープウェイ荒天時休 ※要問い合わせ
料金:無料

■華厳ノ滝
住所:栃木県日光市中宮祠
時間:見学自由
休み:なし
料金:無料

■『秋Walker首都圏版2018』

編:東京ウォーカー編集部
発売日:2018年8月8日(水)
定価:734円
発行:株式会社KADOKAWA





キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたイベント

[PR] おすすめ情報