劇場版『牙狼』でヒロインを演じるセクシー美少女・松山メアリに注目

ユニット「bump.y」のメンバーとしても活躍中の松山メアリがヒロインを熱演
  • ユニット「bump.y」のメンバーとしても活躍中の松山メアリがヒロインを熱演

特撮ヒーローものの魅力の1つとして戦うヒロインは外せないところだが、10月30日(土)より公開の『牙狼 GARO RED REQUIEM』も、セクシーなニューヒロインが登場することで話題を集めている。

2005年10月よりテレビ東京系列で放送された「牙狼 GARO」は、CGをふんだんに駆使したアクションシーンやスタイリッシュな映像はもちろん、人間の心情をリアルに描いたストーリーも評判を呼び、大人が楽しめる特撮ヒーローものとして人気を博した秀作。そんな本作の劇場版で初登場となるヒロイン・烈花を演じるのが、桜庭ななみと同じTBSアイドルユニット「bump.y」のメンバーとして活躍中の松山メアリだ。

正統派美少女としてグラビアを中心に活躍する松山は、新体操の選手として全国大会に二度出場し、8年に渡ってバレエにも取り組んできた経歴の持ち主。劇中では、ホラーと呼ばれる怪物と戦う魔戒法師・烈花を、その柔軟な体と抜群の運動神経で華麗に演じきっている。また、クールでセクシーな衣装で戦うその姿は、先頃まで放送されていたテレビドラマ「ハンマーセッション!」で見せる女子高生姿とは随分と印象が異なり、彼女の新たな魅力を満喫できることは間違いないだろう。牙狼ファンはもちろん、今回の劇場版で初めて本作を知った人も、戦うヒロイン・松山メアリの活躍に今から期待しておこう。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報