サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

NO MORE ●●泥棒!『銀魂2』の自重しないパロディに観客もア然…

桂さん、鑑賞マナーにご協力ください
  • 桂さん、鑑賞マナーにご協力ください

空知英秋の人気コミックを福田雄一監督が映画化し、17年の実写邦画1位となるヒット記録した『銀魂』(17)の続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が、17日より公開されている。初日興行収入は前作比159%達成、週末興行ランキング初登場1位、公開10日目の今月30日には興行収入20憶円を記録という大ヒットを記念して、本作の新たな場面写真が到着した。

続篇となる今作では、原作でも屈指の人気を誇る「真選組動乱篇」と、隠れた人気キャラである、“将ちゃん” こと江戸幕府14代征夷大将軍を巡る騒動を描く「将軍接待篇」を一本の物語に再構成。前作同様にかぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開する。

主人公・坂田銀時を演じる小栗旬をはじめ、菅田将暉、橋本環奈、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、岡田将生、長澤まさみ、ムロツヨシ、佐藤二朗、堂本剛が前作から続投。この豪華な顔ぶれに加えて、今回の物語で大きな鍵を握ることとなる真選組参謀の伊東鴨太郎役に三浦春馬、同じく今作にて初登場となる鬼兵隊の河上万斉役に窪田正孝を迎え、そして江戸幕府第14代征夷大将軍・徳川茂茂役に勝地涼、くノ一で銀時のストーカー・猿飛あやめ役は夏菜、万事屋の大家・お登勢役にキムラ緑子、警察組織の頂点に君臨する松平片栗虎役には堤真一が扮している。

原作、アニメ、そして“福田雄一作品”に共通する魅力と言えるのが、攻めに攻めたパロディだ。前作で登場したパロディシーンは、観る者に衝撃をもたらし、実写ならではの楽しみの一つともなった。

このたび舞い込んできたのは岡田演じる桂の場面写真で、誰もが一度は目にしたことがあるはずの、映画館で泥棒をする人間を逮捕するアノ映像をパロディにした光景が切り取られている。

豪華キャストたちのあんな姿やこんな姿がたっぷりの本作は、期待を遥かに上回る攻め切ったパロディがてんこ盛りだ。1度観た方も、まだ観ていない方も、SNSでネタバレされる前に、劇場に行って散りばめられたパロディネタの数々を探してみてほしい!





キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報