新人・金井浩人、安藤政信の自由すぎるトークに「もっとストイックな感じの人かと…」と笑顔!

新人・金井浩人、先輩の池脇千鶴&安藤政信に感謝!
  • 新人・金井浩人、先輩の池脇千鶴&安藤政信に感謝!

森沢明夫の同名小説を映画化した『きらきら眼鏡』の先行公開初日舞台挨拶が9月7日にTOHOシネマズららぽーと船橋で開催され、金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、犬童一利監督、原作者の森沢明夫が登壇。本作で本格的な映画デビューを果たした新人の金井が「ずっと対等でいてくれた」と共演した池脇と安藤に感謝を述べた。

新人の金井と池脇がダブル主演を務める本作。1冊の古本を通して出会った主人公・明海とヒロイン・あかねが、それぞれ恋人の死に向き合いながらも、ひたむきに生きる姿を描く人間ドラマだ。

大勢の観客を前に金井は「脇汗が止まらない」と緊張しきり。安藤は「金井とのシーンは毎日毎日、すごい感動した。リアルにセリフとセリフを共有し合った」と金井の役者力を絶賛し、「俺、嘘ばっかり言っているけど、それは本当」と茶目っ気たっぷりに話して会場も大爆笑。池脇も「すばらしかった」と金井との共演を述懐し、「現場で会った時から出来上がっていた。“叶わないな”という感じがした。一番、自然体だった」と印象を告白していた。

先輩からうれしい言葉をもらった金井は「映画好きとして、ずっと見てきたお2人」と口火を切り、「すばらしいのはもちろんで、おこがましいことは言えない。ずっと対等でいてくれたし、明海役に入りやすいように、このお2人が作ってくれた。感謝しかない」と池脇と安藤の懐の深さにお礼を述べた。

司会から「ベテラン」と紹介された安藤だが、「めっちゃ恥ずかしい」と“ベテラン呼び”に大テレとなるひと幕も。ロケの食事が美味しかったことがキャスト陣から明かされると、「病気の役なので、一食も食べなかった。食べて太ってもよかったな」と語ったり、「役名を忘れた」と言い放つなど、自由すぎるトークで会場を笑わせていた安藤。

金井は「ストイックで“ザ・役者”みたいな感じの人かと思っていたら、政信くんが最近ずっとこういう感じ。なんか調子を狂わされる」と安藤の飄々とした姿に驚きつつ、「楽しい感じになって、すごくうれしかった」と緊張で始まった舞台挨拶を大いに楽しんだ様子だった。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報