堤真一が初のアニメナレーションに挑戦!もふ可愛いペンギンのヒナが京都を巡る「おこしやす、ちとせちゃん」10月5日スタート!!

コウテイペンギンのヒナ・ちとせちゃんが京都の名所を巡る癒し系アニメ。清水寺、銀閣寺、祇園などの各地をペンギン視点から描いていく
  • コウテイペンギンのヒナ・ちとせちゃんが京都の名所を巡る癒し系アニメ。清水寺、銀閣寺、祇園などの各地をペンギン視点から描いていく

アニメ「おこしやす、ちとせちゃん」のナレーションを俳優の堤真一が担当することが決定した。

本作は、もふもふで可愛いコウテイペンギンのヒナ・ちとせちゃんが、古都・京都の名所を好奇心の赴くままにウロウロし、ちとせちゃん視点でその模様をほんわか楽しむ癒やし系ショートアニメ。

ペンギンゆえにしゃべらないちとせちゃんに変わり、進行役のナレーションを担うのが堤真一だ。ドキュメンタリーやドラマのナレーションは数多く担当している堤だが、アニメのナレーションは今作が初めてのこと。

「主人公はゆるカワなペンギンなので、普段のナレーションはトーン低めですが、今回は“優しい目線”を意識してみました」と、収録の感想を語った。

また、各話に登場する人物キャラすべてを、京都出身の声優・遊佐浩二と小岩井ことりの2人が担当する。

遊佐は「ショートアニメですが、時間に追われることなくゆったり見ることができます。京都の雰囲気をぜひ味わってください」と、小岩井は「約10秒の間に6役を演じるシーンがありとても大変でしたが、頑張って演じさせていただきました。ぜひ、見ておくれやす」とコメントを寄せている。

エンディングテーマ曲は女性シンガーソングライター・にゃんぞぬデシによる「泣く子も笑う」となり、「ちとせちゃんが見ている感じている世界を思い浮かべてみたら、優しくて温かくてひたむきな気持ちで曲が生まれました」と、こちらも初のアニメテーマ曲に挑んだ気持ちを語っている。

放送は10月5日(金)夜1時35分より、TOKYO MX、KBS京都でスタートする。

■アニメ「おこしやす、ちとせちゃん」
2018年10月5日(金)スタート
毎週金曜夜1:35 TOKYO MXほか

<スタッフ>
原作:夏目靫子(「BE・LOVE」連載/講談社)
監督:矢立きょう
制作:ギャザリング 音楽:こぐま

【HP】http://vap.co.jp/chitosechan/
【Twitter】@chitose_anime
【Instagram】chitose_anime



◆2018年秋アニメまとめ◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報