非公開の仏像や仏画が特別公開!「伝教大師1200年大遠忌記念 比叡山 至宝展」

四天王立像(持国天)
  • 四天王立像(持国天)

比叡山延暦寺 国宝殿(滋賀県)で、2018年8月1日(水)~11月30日(金)の期間、「伝教大師1200年大遠忌記念 比叡山 至宝展」が開催されている。

延暦7年(788年)、伝教大師最澄上人による開創以来、国家を鎮め護る寺として、また日本仏教の母山として、日本の宗教・歴史の中心的な役割を担ってきた比叡山延暦寺。度重なる戦乱や災害に見舞われながらも、先人のたゆまぬ努力によって数々の文化財を守り伝え、それらの多くが国宝・重要文化財に指定されている。

しかし、比叡山において通常参拝できる文化財はほんの一部。同展では、元亀の焼き討ちを逃れた西塔瑠璃堂の本尊薬師如来像をはじめ、通常非公開とされる仏像・仏画など貴重な文化財の数々が一堂に会する、貴重な機会となっている。

信仰の対象として、これまで厨子の奥深くに秘められてきた仏さまをお参りするとともに、比叡山の仏教美術の粋を感じることができる内容となっている。

【写真を見る】通常非公開とされる仏像・仏画など、貴重な文化財の数々が一堂に会する
  • 【写真を見る】通常非公開とされる仏像・仏画など、貴重な文化財の数々が一堂に会する

さらに、会期中は京都の伝統工芸・アートクリエーターによる体験型ワークショップも開催(事前予約制)。オリジナル花押作成&書き方ワークショップやMYお箸の蒔絵体験、写仏体験や念珠作りといった伝統工芸の職人とともに、参加者自身が作品を作り上げる製作体験が用意されている。

仏教美術とも縁の深い伝統工芸を学べるまたとない機会。芸術の秋に学びを深めに比叡山延暦寺 国宝殿を訪れてみよう。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたイベント

[PR] おすすめ情報