大泉洋「娘にもガンガン愚痴る」とボヤキ節炸裂!カンバーバッチからメッセージ到着で猛省

大泉洋「ずいぶん、ボヤいちゃいました」
  • 大泉洋「ずいぶん、ボヤいちゃいました」

イルミネーション・エンターテインメントが送り出す最新長編アニメ『グリンチ』(12月14日公開)の吹替え版製作発表会見が9月13日にザ・ペニンシュラ東京で開催され、大泉洋、杏、秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆、宮野真守が出席。主人公のグリンチ役を演じる大泉が「とんでもなく難しい」と繊細なアフレコ作業について冒頭からボヤキ節を炸裂させた。

本作は、ひねくれもののグリンチが主人公のドクター・スースの人気絵本を原作とした長編アニメ。他人の幸せが大嫌いなグリンチがクリスマスに繰り広げる大騒動を描く。大泉は「ひねくれもの役にぴったりだと言われて、複雑な気分」とこぼし、「6日ほどやっているけれど、実はまだ(アフレコが)終わっていない」と告白。「とんでもなく難しい」と苦戦しているという。

「絵が細かいし、カンバーバッチさんのお芝居に合わせなきゃいけない。合わせないと本国から怒られる」と本国でグリンチを演じるベネディクト・カンバーバッチの演技に合わせるように細かい演出があるそうで、「グリンチが階段を上っている時に“シシシッ”て言うんですが、(グリンチの)顔が映っていないシーンなのに『大泉さん、“シ”が1個足りません』って!それならカンバーバッチの使ってくれ!」と吠えた大泉。

本作は、カンバーバッチが先に演技をして、それに合わせて絵が作られる手法をとっているそうだが、「彼のお芝居は自由だから、そりゃあいいですよ!それに合わせる僕は必死。ここまでと知っていたらやらなかった」と愚痴が止まらず、「ずいぶんボヤいちゃいました。順番にボヤいていってください」とキャスト陣に促して会場の笑いを誘っていた。

また大泉は「アニメのお仕事をする時は、娘に『どう?』と聞く」そうで、子どものプッシュがあったからこそ、グリンチ役をやる決心がついたという。「娘は楽しみにしている。娘にも『なかなか本国は手強いぞ』と言いました。娘にもガンガン愚痴るので」と語っていた。

たっぷりとボヤいた大泉だったが、イベント終盤にはサプライズでカンバーバッチからビデオメッセージが到着。大泉は「うおー!!」と叫び、「こういうのあるって言っとかないとダメだよ。冒頭からディスっちゃった!」と猛省。「大変だとボヤいたことを後悔しています」と切り出し、「すべてのキャラクターがアニメとは思えない表情をしている。役者としてお芝居にもこだわりたくなる」と妥協せずに挑んでいることを明かしていた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報