温泉の町に秋を伝える「第59回 鉄輪温泉湯あみ祭り」開催

大分県別府市の鉄輪温泉で9月21日(金)から23日(日)までの3日間、「第59回 鉄輪温泉湯あみ祭り」が開催される。この祭りは温泉の恵みに感謝する伝統行事で、一遍上人像を鉄輪温泉で清めた後、稚児行列を先頭に街を練り歩く。

第57回 鉄輪温泉湯あみ祭りポスター
  • 第57回 鉄輪温泉湯あみ祭りポスター

鉄輪温泉の開祖といわれる一遍上人は全国を巡りながら「踊り念仏」を広めたと言われており、それにちなんで太鼓やかねを鳴らし、念仏を唱えながら奉納する「踊り念仏奉納踊り」を開催。

また、鉄輪ならではの「湯あみ煎餅」がふるまわれる「おせったい」や、大分名物かぼすを使い、つきたての杵つき餅で作る「酢餅」のふるまいなどが行われる。踊り念仏は、当日参加で一緒に踊ることもできる。その他、祭り期間中には各旅館が昭和に使っていた食器などを販売する「のみの市」も開催。

【写真を見る】奉納踊りやのみの市など、3日間にわたって祭りが行われる
  • 【写真を見る】奉納踊りやのみの市など、3日間にわたって祭りが行われる

古い歴史を持つ鉄輪温泉で、祭りと温泉を堪能してこよう。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報