箱根駅伝を描いた「風が強く吹いている」初アニメ化!主人公を演じる注目声優・大塚剛央「実は長距離が得意ではないんです(笑)」

 直木賞作家・三浦しをんの青春小説「風が強く吹いている」がTVアニメ化され、10月より放送開始。誰もが熱くなる国民的スポーツ「箱根駅伝」に挑む大学生たちの熱い姿が描かれる。本作で主人公・蔵原走を演じるのは、注目の若手声優・大塚剛央。オーディションを経て主役に抜擢された大塚に、オーディションの秘話や自身が演じる役柄との共通点、そして夢についてまで語ってもらった。

ブレイク間違いなしの注目声優・大塚剛央
  • ブレイク間違いなしの注目声優・大塚剛央

実写映画、舞台、漫画とこれまで様々なメディアミックスを展開してきた「風が強く吹いている」。今回「ハイキュー!!」シリーズなどを手がけたProduction I.Gの手によりアニメ化される。口下手で心を閉ざす主人公・蔵原走役に抜擢された大塚は、アニメ映画「詩季織々」で初主演を飾り、今回TVアニメ初主演。声優界で今もっともブレイクが期待される注目の存在だ。

【写真を見る】「風が強く吹いている」メインビジュアル
  • 【写真を見る】「風が強く吹いている」メインビジュアル

違う役で受けたオーディションで主人公に抜擢

ーー本作の原作はご存知でしたか?

オーディションを受ける際に原作を知って、読ませていただきました。

ーー読んだ印象はどうでしたか?

普段、ファンタジーやSFを読むことが多いので、現代が舞台の作品って読んでこなかったんです。原作を読んで「走る」という単純なことの中に、いろんなことが詰まっているんだと感じました。

ーー今回、オーディションで主人公・蔵原走役に抜擢されたそうですね。

最初は走ではなく違う役でオーディションを受けたんですが、監督が「走役も受けてください」と言ってくださって。これはチャンスだから「絶対に走役をやりたい!」って思いました。

ーー自信はありましたか?

不安の方が大きかったですね。でも、どこか期待もあって。決まったと聞くまではオーディションの夢を見ちゃったりして、ドキドキしてましたね。

本作のオーディションを振り返る大塚剛央
  • 本作のオーディションを振り返る大塚剛央

「いけるんじゃないか」というより「とにかくやってみたい」

ーー大塚さんはずっと声優を目指してこられたんですか?

実は声優になりたいとは全く思っていなくて。就職活動で悩んでいた頃に声優さんのお芝居に触れる機会があったんです。それから「こういう仕事もありなんじゃないか」って考えるようになって。そこから一気に目指しました。

ーー声には自信があったんですか?

そんなこともなくて(笑)「いけるんじゃないか」というより「とにかくやってみたい」と思う気持ちが強くて。自分の中の熱い気持ちが出たって感じです。

ーー大塚さんが声を当てる蔵原走は、クールな印象ですが芯の強さを感じるキャラクターです。演じていて共感できるところはありますか?

物静かなのは僕も同じですが、ちょっと違うところがあって。走は心を閉ざしているんですが、僕の場合は人見知りからくる物静かで(笑)自分の思っている感情をうまく伝えることができない走を見ると、共感しちゃいますね。僕もあんまり喋る方ではないかもしれないけれど、気持ちでは熱いものを持っているので、そういう部分も似てるなと思います。

ーー共感するポイントや似ているところが多いと、役との切り替えが難しそうですね。

難しいですね。僕の表現の仕方と走の表現の仕方は全然違うので。走の方が感情の出し方が強いので、そこの違いは注意しながら演じています。

「風が強く吹いている」場面カット
  • 「風が強く吹いている」場面カット

サッカー少年だけど「長距離が得意ではないんです(笑)」

ーー本作は箱根駅伝がテーマですが、大塚さんはサッカーの経験があるそうですね。

小学1年生から高校3年生までやっていたので、未経験の方よりはうまいかもしれないです(笑)最近はしばらくやってないですけど。

ーー走るというポイントでは、サッカーも駅伝と近いところがありそうですが。

長距離を走るトレーニングはやってましたね。でも、僕、長距離があまり得意じゃないんです(笑)

ーー箱根駅伝を生で見たことはありますか?

箱根駅伝はテレビでしか見たことがなくて。テレビで見ても単純に「すごい!」と感じていたものが、本作に触れてからはいろんな角度から見れるようになりました。今度の箱根駅伝は、また違う感じで見られそうなので楽しみですね。

ーー走るときの息づかいの表現が難しそうですね。

走は天才的なトップランナーなので、普通の走り方の息じゃダメなんです。鼻で2回吸って、1回吐くのが基本みたいです。ただ、アニメに落とし込むときの難しさがあって、スピード感をもたせるなどして研究しながら演じています。

長距離が得意ではないと恥ずかしそうに明かしてくれた
  • 長距離が得意ではないと恥ずかしそうに明かしてくれた

「アフレコ現場の雰囲気はまるでアオタケです(笑)」

ーー走と箱根駅伝を目指す竹青荘(アオタケ)のメンバーたちのやりとりが面白いですね。アフレコ現場の雰囲気はどうですか?

とっても明るく温かい、まるでアオタケのような雰囲気ですね。

ーー声優さんたちの年齢はバラバラですか?

そこまで大きな差はありませんね。いい感じのバランスです。走はキャラクター的にも一番年下で、僕も一番年下なんです。

一歩踏み出さないと、夢は叶わない

ーー本作は箱根駅伝という目標に向かって成長する物語です。オーディションで大役を勝ち取った大塚さんのこれからにもリンクする部分もあると思いますが、いかがですか?

夢や目標って前を向いて進まないと現実にならない。キャラクターそれぞれの夢や目標の向き合い方があって、キャラクターたちにも気付かされるも多いです。本作を通じて、やっぱり自分から一歩進み出さないと夢のままなんだなってすごく感じましたね。

ーー最後に「ここに注目!」というポイントを教えてください。

キャラクターそれぞれが悩みを抱えていたり、困難にぶつかったりしながら、どういう風にそれを乗り越えて箱根に向かっていくのかを注目して見てほしいです。キャラクターの変化を感じることができて、すごく楽しめるんじゃないかと思います。

最後は笑顔でピース!この笑顔が彼の魅力のひとつ
  • 最後は笑顔でピース!この笑顔が彼の魅力のひとつ

TVアニメ「風が強く吹いている」は、10月より読売テレビほかにて放送開始。

■TVアニメ「風が強く吹いている」
10月より読売テレビほかにて放送開始

キーワード

[PR] おすすめ情報