カシスのお酒入り! コールドストーン初の“大人アイス”を食べてみた

「デザート カクテルクリエーション」の「カシス&マンゴ」(左)と「デザート フローズンカクテル」の「ピーチ ブルーハワイ」(右)
  • 「デザート カクテルクリエーション」の「カシス&マンゴ」(左)と「デザート フローズンカクテル」の「ピーチ ブルーハワイ」(右)

8月6日(金)から 「コールド・ストーン・クリーマリー」六本木ヒルズ店で、同店では初の“アルコール入り”アイスが登場する。ブルーハワイやメロンコラーダなどを使用したカラフルなカクテルに、なんとリキュール入りの“大人メニュー”も楽しめるとあり、気になる記者は、早速実食! その味を確かめてみた。

なんといっても注目は、「デザート カクテルクリエーション」(650円/全3種)。アイスクリームにカシスリキュールやコーヒーリキュールが、“割らずに”そのままかかっているメニューで、透明のカップの底には指一本分の量のリキュールが見える。酔っぱらってしまいそうなその見た目に下戸の記者はドキドキ、ツンと香るリキュールにビビりつつ、「カシス&マンゴ」を実食した。

まずは上部のスポンジケーキとラズベリーをミックスしたマンゴアイスクリームに、スイーツ好きとして大満足。そしていよいよ、カシスリキュールが混ざった部分を口へ運んでみると、ほど良く抑えられたアイスクリームの甘みと、大人っぽさのあるカシスの風味が口いっぱいに広がった。“アルコール感”を強く感じたものの、カシスやラズベリーのフルーティーなおいしさにつられてついつい食べ過ぎてしまい、記者は顔が真っ赤に…。気分も良くなり、今までにない新しい味わいを存分に楽しむことができた。

一方、「お酒はそれほど強くない」という人にもぴったりなのが「デザート フローズンカクテル」(850円/全4種)だ。ストロベリーリキュールとラムをブレンドした「ストロベリー ピーチ ダイキリ」を実食してみると、フローズンヨーグルトのさっぱり感が強く、さわやかな味わい。ストロベリーアイスクリームやフローズンヨーグルトがピンク色で愛らしい上に、冷たくて喉ごしが良く、夏にぴったりなカクテルとしてゴクゴクと楽しめた。

同店の広報担当者は、夜19:00〜22:30(日曜日〜21:00、金・土〜深夜26:00)までの営業時間について、「六本木ヒルズは昨年から、夏季に深夜営業をしており“深夜のニーズ”を感じていました」と話し、「眠らない街、といった土地柄にも合いますし、アルコールメニューがあっても良いのでは、ということから開発に至りました」と経緯を教えてくれた。

特にオススメのメニューとして「デザート フローズンカクテル」の「ピーチ ブルーハワイ」と「メロン コラーダ」を挙げ、「今までコールド・ストーン・クリーマリーではこういう色味(ライトグリーンやライトブルー)の商品はなかったんです。リキュールを使うことで、通常では出せない味が出せたので、ぜひ味わってみてほしいです」とにっこり。

実際に、同広報たちも顔を真っ赤にしながら開発に励んだというこれらのアルコール入り“大人メニュー”。アルコールの量は調節してもらえるそうだが、食事の後のデザートとしても、飲み足りないときのプラスアルファとしても、満足させてくれる一品ではないだろうか。期間中にぜひこの“大人味”に挑戦してみてはいかが?【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報