水瀬いのりが林原めぐみの“お手製おむすび”に感謝「のびのびお芝居ができた」(1/3)

ピンク色の髪をした謎の女性・ハル子との出会いをきっかけに、超常的なトラブルに巻き込まれる登場人物たちの騒動を描いた、全6巻のOVAシリーズ「フリクリ」。予測不可能なストーリーと、ド派手な戦闘シーンなどを盛り込んだハイテンション&スタイリッシュな演出で、日本はもちろん、海外でも絶大な人気を博したSF青春ストーリーだ。その「フリクリ」の新作が、劇場版『フリクリ オルタナ』(公開中)、劇場版『フリクリ プログレ』(9月28日公開)として約18年ぶりに復活を果たした。

キュートな笑顔がまぶしい水瀬いのり
  • キュートな笑顔がまぶしい水瀬いのり

『プログレ』の舞台は、ハル子がハルハ・ラハルとジンユという2人に分裂した世界。いつもヘッドホンで外界の情報をシャットアウトしている無気力系女子中学生・ヒドミが、ラハルとジンユに出会ったことをきっかけに予測不能な事態に巻き込まれていく姿を描く。主人公のヒドミを演じているのは、声優・水瀬いのり。汗だくになって演じたというヒドミや、ラハル役の林原めぐみ、そして『オルタナ』で主演を務める女優・美山加恋について語ってもらった。

「考えるな、感じろ」をストレートに表現!

――台本を読んだ時の印象を教えてください。

水瀬「読めば読むほどわからなくなる、新しい作品だなと思いました。実際、ヒドミを演じながらも本当にわからないことだらけで、そんな疑問を直接芝居にぶつけていくことで、キャラクターとより深くシンクロした感じです。なので、もう深く考えることはやめようと思い、その場で感じた感情をストレートに表現しながらアフレコに挑みました」

猫耳ヘッドホンが特徴の水瀬いのり演じるヒドミ
  • 猫耳ヘッドホンが特徴の水瀬いのり演じるヒドミ

――「考えるな、感じろ」と言われたそうですが、その言葉を聞いた時の気持ちを教えていただけますか?

水瀬「1回目のアフレコの際に総合的なお話があり、その時に言われた言葉なのですが、すごく安心しました。このシナリオはなにを思って書かれているのかなとか、どのような意図でキャラクターは動かされているんだろうとか、作品に対しての思い入れが強ければ強いほどスタッフの皆さんの気持ちに応えたいと思うので、うまく表現できないと悩んでしまいます。でも、『考えるんじゃなくて、感じてください』とおっしゃっていただいたことが、感じ方は人それぞれで正解はいくつもあるんだろうなと思えて、ちょっと肩の荷が下りたような気持ちになりました」

先輩・林原めぐみの優しさとは?(2/3)

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報