【平成プレイバック】W杯初出場、初ゴールはあの選手!/出来事図鑑

サッカー日本代表、W杯へ【1998(平成10)年】

【“ドーハの悲劇”を乗り越え、本大会出場権を獲得!】

1998サッカーFIFAワールドカップ・フランス大会に日本代表が初出場。監督の交代や、ベテラン選手の落選など、多くのドラマを生みました。また、旅行会社による弾丸ツアーや、現地でチケットが調達できないといったトラブルもありました。

[1993年10月28日] ドーハの悲劇

1994ワールドカップ・アメリカ大会のアジア地区最終予選。カタールのドーハで行なわれた日本vsイラクの一戦で、2-1でリードする日本は後半ロスタイムに失点。得失点差で予選敗退した。

 ↓

[1993年11月16日] ジョホールバルの歓喜

マレーシアのジョホールバルでのAFCプレーオフ(各組2位同士による第3代表決定戦)、イラン戦。延長の末、岡野雅行のゴールにより3-2で勝利、W杯本大会初出場を決定。

 ↓

[1998年6月10日] 1998FIFAワールドカップ・フランス大会開催

 ↓

●【1998年6月14日】 日本1試合目

アルゼンチン(1-0)日本

 ↓

[1998年6月20日] 日本2試合目

日本(0-1)クロアチア

 ↓

[1998年6月26日] 日本3試合目

日本(1-2)ジャマイカ

 ↓

[1998年7月12日] 決勝

フランス(3-0)ブラジル

※写真はイメージです

【著者紹介】ケン・サイトー
イラストレーター。
宮城県仙台市生まれ。神奈川県川崎市在住。
大学卒業後、ゲームデザインの仕事を経て、2006年よりイラストレーターとして独立。
現在は、主に書籍や雑誌の挿し絵などを手がけている。
著書に、ロングセラーの処女作『雑学うんちく図鑑』(KADOKAWA)がある。

【書籍紹介】『雑学ニッポン「出来事」図鑑』(KADOKAWA)
戦後の昭和~平成。僕らが生きてきた「あのとき」、日本でいったい何があったのか? テレビや新聞、ネットメディアによく登場する、“大人として知っておきたい”政治・社会・エンタメ・スポーツ・モノ…などにまつわる重大な出来事や事件を、誰にでもわかりやすいイラスト図解で100テーマ展開する一冊です。

キーワード

[PR] おすすめ情報