関東地方と首都圏はどちらが広い?/大人の博識雑学クイズ

次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

【問い】関東地方と首都圏はどちらが広い?

〇首都圏

〇関東地方

〇同じ

答えはこの下↓

【答え】首都圏

【ポイント】

よくニュースや天気予報などで「関東地方」や「首都圏」といった言葉を耳にするが、関東地方とは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の1都6県のこと。一方の首都圏は、関東地方に山梨県を加えた1都7県である。つまり首都圏の方が山梨県の分、広いのである。首都圏の定義は、1956(昭和31)年制定の首都圏整備法が根拠となっている、この都市計画の対象となる地域が、1都7県だったのだ。ちなみに、首都圏の定義は各省の施策によってまちまちで、1都7県よりも少なくなることもあるという。

「大人の博識雑学トレーニング」一覧はこちら

【書籍紹介】
『大人の博識雑学1000』(KADOKAWA)

思わず誰かに話したくなる「雑学ウンチク」を一挙1000本収録! 「大人の会話」や「大人の雑談」に必ず役立つはずの、社会・文化・歴史・自然科学・生活・スポーツなど幅広いジャンルのネタがまとめて楽しめる“大人必携"の一冊です!

【著者プロフィール】雑学総研(ざつがくそうけん)
珍談奇談の類から、学術的に検証された知識まで、種々雑多な話題をわかりやすい形で世に発表する集団。江戸時代に編まれた『耳袋』のごとく、はたまた松浦静山の『甲子夜話』のごとく、あらゆるジャンルを網羅すべく、日々情報収集に取り組んでいる。
著書に『誰も書かなかった 日本史「その後」の謎』『誰も書かなかった 世界史「その後」の謎』『雑学大王 日本史編』(以上、中経の文庫)がある。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報