アツアツのポップコーンが飛び出してくる、3DCMは一見の価値あり!

スクリーンから無数のポップコーンが飛び出してくるビジュアルは圧巻
  • スクリーンから無数のポップコーンが飛び出してくるビジュアルは圧巻

映画本編の上映前に予告編と共に流れるCMにも、遂に3Dの波が押し寄せてきた! そんな“飛び出すCM”が登場するのは『ヒックとドラゴン』『トイ・ストーリー3』『仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』の3D版が上映されている全国のTOHOシネマズだ。

宣伝対象となっているのは、ロビーなどで販売されているポップコーン。3Dメガネをかけて劇場のシートに座っている子供たちが、勢いよく弾け飛んだポップコーンを手でつかもうとする映像が流れていくというもの。CMの製作は、最先端の3D技術を持つNHKメディアテクノロジーの協力のもとで行われ、同社が誇るハイスピード3Dカメラで撮影を敢行した。

それだけに、スクリーンから飛び出してくるポップコーンの臨場感と迫力は相当なもので、「ポップコーンを食べながら映画を観たい!」という、激しい欲求に突き動かされるはず。映画のみならず、CMまでバーチャル化する映画界。そのうちに映像だけでなく、においまでもが劇場に充満されるようなシステムが誕生しそうな気がしてならない。【トライワークス】

キーワード

[PR] おすすめ情報