再現ドラマへの出演がきっかけで舞台の主演に大抜擢された美人双子姉妹、鈴木みな・まりあに注目!

舞台「午前5時47分の時計台」に出演!

鈴木みなさん(写真左)とまりあさん(写真右)
  • 鈴木みなさん(写真左)とまりあさん(写真右)

「めざましテレビ」(フジテレビ系)のイマドキガールとしても活躍中の双子姉妹、鈴木みなさんとまりあさん。10月5日(金)から東京・光が丘IMAホールで上演される舞台「午前5時47分の時計台」で2人は主演(主演達の中の2人)を務める。テレビ番組の再現ドラマに出演していた2人をこの舞台のプロデューサーが観て、今回の出演が実現することとなったそう。そこで、みなさんとまりあさんに舞台初出演&主演を務める気持ちと意気込み、作品の観どころなどを聞かせてもらった。

【写真を見る】鈴木みなさん(写真左)とまりあさん(写真右)
  • 【写真を見る】鈴木みなさん(写真左)とまりあさん(写真右)

―これまでにテレビのドラマには出演された経験がありますが、初めての舞台への出演が決まった時、どんな気持ちでしたか?

みな「舞台は、自分の中では一番難しいジャンルだと思っていました。でも、いつかは出てみたいと思っていたので、お話をいただいた時はすごくうれしかったです。でも、最初の顔合わせの時、共演者の方々が本読みのためにセリフの練習をされていて、その迫力に『ダメだ。できない…。今ならやめるの間に合うかな?』と思ったり。うれしい反面、不安もありました」

まりあ「私も最初は不安でした。それでも、去年上演された舞台のDVDをお借りして観てみたら、『この作品に出られるんだ』といううれしい気持ちになりました」

鈴木みなさん(写真左)とまりあさん(写真右)
  • 鈴木みなさん(写真左)とまりあさん(写真右)

―2人ともうれしさと不安が両方あったということですが、姉妹一緒なので心強いところもありますよね?

みな「はい。家でも一緒に練習もできますから。セリフを言う練習は、最初は1人で一気に覚えて、そのあとでテスト勉強みたいに、まりあに台本を渡して、自分以外のセリフを読んでもらって、自分がちゃんとセリフが言えるかどうかを確認していました」

まりあ「お互いに、練習の相手をすることで物語の流れなどを確認できますし、2人一緒に同じ作品に出演できてよかったなって思いました」

鈴木みなさん
  • 鈴木みなさん

―「阪神・淡路大震災」が描かれている作品ですが、台本を読んだ感想は?

みな「今回の舞台は昨年上演された作品の再演なんですが、台本を読んだ後に昨年の舞台のDVDを観せていただきました。見始めて数分で涙があふれてきたんです。阪神・淡路大震災は私たちが生まれる前の出来事なので、そこまで詳しくは知らなかったのですが、『こんなことがあったんだ…』と衝撃を受けました」

まりあ「私もDVDを観ながら、いろいろ考えさせられました。あとは、この物語では『時の番人』という人物に出会って、時間を戻してもらったりするのですが、そういうことって現実にはできないことですよね。なので、『あの時、こうしていればよかったな』とか、自分自身のこれまでの出来事に重ねて見ていた部分もあります」

鈴木みなさん
  • 鈴木みなさん

―それぞれの演じる役について教えてください。

みな「私は『みなと』という女の子を演じます。自分の名前と役名が近いのも奇跡というか、すごくうれしかったです。みなとは正義感が強くて、気持ちの強い女の子。感情表現も激しくて、泣くシーンもあります」

まりあ「私が演じる『マヤ』は明るくて元気な女の子です。身振り手振りが大きくて、全身を使って感情表現をしているような子ですね」

鈴木みなさん
  • 鈴木みなさん

―演技する上で、双子ならではという部分もあったりするのですか?

まりあ「考える時の仕草が同じとか」

みな「そういう細かいところを合わせたりしています」

鈴木まりあさん
  • 鈴木まりあさん

―稽古をしてみて感じた舞台の楽しい部分と難しい部分を教えてもらえますか?

まりあ「難しい部分は発声ですね」

みな「私たち、声量を出そうとすると声が高くなってしまうんです」

まりあ「声量を保ちながら、声が高くなるのを抑える練習をしました」

みな「楽しいところは」

まりあ「稽古を重ねると、少しずつですけど上達しているのがわかるので、達成感があります。共演者の方に褒めてもらえたりするとうれしい気持ちになりますね」

鈴木まりあさん
  • 鈴木まりあさん

―演出の山本タクさんからはどういう演技指導やアドバイスを受けましたか?

みな「すごく細かく指導していただきました」

まりあ「『こういう感じでセリフを言えばいい』というのではなくて、『この場面ではどうすればいいと思う?』というふうに一緒に考えながら役を作っていきました。『今、なんでそういう演技をしたの?』とか、一つ一つしっかりと考えながら、確認しながら」

みな「気持ちをすごく大切にされていて、『急いでセリフを言おうとしなくてもいい。遅くなっても構わないから、ちゃんと気持ちができてから言葉を発してみて』と言ってもらえたことで気持ちが楽になりました。どうしても『次は自分の番だ。早くセリフを言わなきゃ』と、慌ててしまいがちなので」

まりあ「そう言われてからは、稽古でも自分のセリフのことを考えるより、場面全体のことを考えながら演技することができました」

―すごくいいアドバイスをいただきましたね。

みな・まりあ「はい!」

鈴木まりあさん
  • 鈴木まりあさん

―では最後に、初舞台・初主演となるこの作品の観どころと観にこられる方へのメッセージをお願いします。

みな「はい。私が演じる『みなと』は、過去に戻ったり、いろんな経験をすることで精神的に強くなっていきます。そういう成長する姿を観ていただきたいです」

まりあ「『マヤ』はすごく明るい子ですが、姉(みなと)のことを思ってお百度参りをするなど、姉思いの女の子でもあります。この舞台を観ていただいて、マヤのことを好きになってもらえたらうれしいです(笑)」

みな「震災がテーマになっているので重くて暗い作品だと思われがちですが、笑えるシーンもたくさんありますので、楽しく観ていただければと思っています」

まりあ「はい、笑えて泣けて感動できる作品です!」

撮影=下田直樹 取材・文=田中隆信

■舞台「午前5時47分の時計台」
阪神・淡路大震災から数年が経過した神戸。復興した街とは対照的に、震災時から時が止まった3人の人間がいた。妻を失ったかんべ、生徒を失ったはつみ、妹を失ったみなと。ある日、震災発生時刻で止まったママだった時計台に3人が偶然集まり、そこで「時の番人」と呼ばれる人物と出会う。過去に戻してもらう契約を3人は結ぶが「涙を流してはいけない」「震災が来ることを人に言ってはいけない」「助けられる命は一つだけ」という条件があった。阪神・淡路大震災の事実を基に、命の尊さ、防災の大切さが描かれた作品となっている。
会場:光が丘IMAホール
期間:10月5日(金)〜8日(月)
STAFF&CAST 作・演出=山本タク 出演=千葉冴太、鈴木みな、鈴木まりあ、板垣桃子、今奈良孝之、兎本有紀、河村唯、宇佐卓真、窪田美沙、真嶋真紀人、髙木聡一朗、橘輝、水野伽奈子、南出めぐみ ほか
公式サイト
http://yamamotoya.tokyo/post-1069/

PROFILE
すずきみな・まりあ●2000年8月2日生まれ、茨城県出身。みな(姉)とまりあ(妹)の双子姉妹。これまでにCM「ミスタードーナツ」(17年)、ドラマ「植木等とのぼせもん」(17年NHK総合)、「越路吹雪物語」(18年テレビ朝日系)などに出演。現在、「めざましテレビ」(フジテレビ系)にイマドキガールとしてレギュラー出演中。

キーワード

[PR] おすすめ情報