世界観、ドラマ、キャストも!映画『ソラノカナタ』に魅せられる4つの理由

今年5周年を迎え、世界累計4500万DL超の絶大な人気を誇る「モンスターストライク」。モンスターと共に強大な敵に挑むゲームアプリは、リアルイベントやタイアップ、映像化と、さまざまなメディアへと進出を果たし、16年公開の劇場版アニメは少年少女とモンスターの“絆の物語”がゲーム未体験の人々をも惹きつけ、週末興収1位を記録する話題作となった。

ソラ(左)と運命的に出会ったカナタ。2人を演じるのは広瀬アリスと窪田正孝
  • ソラ(左)と運命的に出会ったカナタ。2人を演じるのは広瀬アリスと窪田正孝

この秋、待望の新作『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』が10月5日(金)より公開。完全オリジナルストーリーの同作は、前作以上に“映画”として幅広い層を魅了する要素に満ち溢れていた。

ハリウッド大作を想起させる“空中に浮かぶ東京”の世界観

物語の舞台は、13年前に東京の一部が根こそぎ浮上して誕生した“空中都市”旧東京と、地上に残った新東京。幼いころの記憶が曖昧な少年・カナタは、祖母と2人で暮らす普通の高校生。右手にある不思議なアザの正体を知りたいと思いながら、生まれ育った新東京で不可侵な旧東京を見上げ暮らしていた。そんなある日、カナタは空から降って来た青い髪の謎の少女・ソラと出会う。旧東京から来たという彼女は“世界を救えるのはあなただけ”と告げ、カナタを空中に浮かぶ旧東京へ誘う――。

冒険の舞台は空中都市・旧東京。ここに一体どんな謎が隠されているのか?
  • 冒険の舞台は空中都市・旧東京。ここに一体どんな謎が隠されているのか?

謎のシールドに覆われ、地上からは状況を窺い知れぬ空中都市。そこになぜモンスターだけが住み、なぜ人間のカナタが導かれたのか?ファンタジー大作を彷彿させる設定とビジュアルに、理屈抜きでワクワクさせられる。

ドラマチックな“4人の絆の物語”

旧東京へやって来たカナタは、人間を憎み、空中都市を地上に墜落させようと企てるモンスターたち“解放戦線”との戦いに巻き込まれていく。ソラをはじめ、ヴァンパイアの兄妹トウヤとユウナら“世界を救いたい”と願う人とモンスターとの共生に好意的なモンスターたちと行動して戦ううちに、カナタ自身も成長していく。

左からユウナ、ソラ、カナタ、トウヤの4人が、旧東京のさまざまな場所で戦いを繰り広げる
  • 左からユウナ、ソラ、カナタ、トウヤの4人が、旧東京のさまざまな場所で戦いを繰り広げる

カナタ、ソラ、トウヤ、ユウナが時に衝突し、時に笑い合い、絆を深めていく展開は、きっと4人のいずれかの内面に共感できるはず。絆を育みながらも、すべてがうまくいくわけではない。観る側の予想を裏切るドラマには、一流エンタメとしての醍醐味が溢れている。

これぞ“新しい世界基準”!バトルも背景も超ハイクオリティ

今作は、原作を手掛けるXFLAGスタジオと気鋭のアニメ制作会社・オレンジが“新しい世界基準の長編アニメーション”を目指し総力を注いだプロジェクト。友情と成長といった普遍的なテーマを軸に壮大なアクション・バトル・エンターテインメントが紡がれる。

“解放戦線”を率いるモンスターのセンジュ。演じるのはアニメ・吹き替え・実写でマルチに活躍する山寺宏一
  • “解放戦線”を率いるモンスターのセンジュ。演じるのはアニメ・吹き替え・実写でマルチに活躍する山寺宏一

特に注目してほしいのが、空中都市となった渋谷駅周辺や東京タワーなど緻密に描写されたランドマークで繰り広げられる大迫力のバトルシーン。最新鋭の3DCGで描かれたからこそ可能になったダイナミックなカメラワークは、観る者の想像を超えた驚きと爽快感を与えてくれるだろう。

ダイレクトに、ナチュラルに反映された“演技”

カナタ役にはドラマ「ヒモメン」、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(公開中)の窪田正孝、ソラ役はドラマ「探偵が早すぎる」や『食べる女』(公開中)の広瀬アリスをキャスティング。窪田は声優初挑戦、広瀬はアニメ映画では声優初挑戦となったが、世界の運命を握る2人をナチュラルな演技で表現していて驚かされる。

【写真を見る】巨大なモンスターと対峙するソラとカナタ。キャラクター、背景の描き込みが半端なく美しい!
  • 【写真を見る】巨大なモンスターと対峙するソラとカナタ。キャラクター、背景の描き込みが半端なく美しい!

そんな2人を支えるのが細谷佳正、悠木碧、松本梨香、山寺宏一、仲野裕、杉田智和、島崎信長、田丸篤志、前野智昭という声優界屈指の超豪華実力派声優陣。今作では先にセリフを収録してからアニメを制作する“プレスコ”方式を採用。ディズニー/ピクサーも用いる手法で、キャストの息遣いや間がよりダイレクトに反映されたキャラクターの表情や仕草にも魅せられるだろう。

モンスターと人間が共存するファンタジックな世界で、仲間や家族、そして未来を守るために戦う少年の奮闘。「大切な人を守る」ために頑張ることのカッコ良さを再確認させてくれる、共感度MAXな『ソラノカナタ』。ゲームを、アニメを知らずとも、きっと“生きるエネルギー”をもらえること確実な“映画”である。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報