里いもが皮ごと食べられるって本当!? かなり疑う主婦が試してみた

食欲の秋ですね。どうせ食べるなら、美味しくヘルシーに食べたいものです。

そんな時に読んだ、レタスクラブ10・11月合併号の記事「知らなきゃ損する新常識!?野菜の栄養最大限にとる方法」

茹でずに蒸した方がいいものなど、栄養たっぷりにお野菜を食べるコツがたくさん書かれていて、とても勉強になったのですが。

目を疑う文字が。

皮ごと食べるのはちょっと抵抗のあるビジュアル…
  • 皮ごと食べるのはちょっと抵抗のあるビジュアル…

「里いもは、皮ごと食べるのが、新常識!」

ええええー!?さ、里いもを、皮ごと!?

ジャガイモやサツマイモならわかるけど、里いもは、あの濃い茶色のゲジゲジした皮、むいて当然じゃないですか?

絶対、食べられないよ~!

と思いつつ、でも、あの皮むきって、めんどくさいですよね。固くてむきにくいしヌルヌルするし、茹でてからむくのも一苦労。

皮にも栄養が多いらしいし、ならば、ちょっと試してみるか!

【1】よく洗って土を落とす

ひとつひとつ洗っていきます。これくらいでいいかな?まだ、皮のゲジゲジ感はあるけど…。

【写真で見る】洗ってはみたけれど…これを蒸しただけで本当に食べられる?
  • 【写真で見る】洗ってはみたけれど…これを蒸しただけで本当に食べられる?

【2】十字に切り込みを入れて、まるごと蒸す

大きいものは半分に切って、大きさを揃えました。

蒸し方も記事に載っていた、「フライパン蒸し」!フライパンに水1/2カップ入れて、ホイルに野菜をのせ、蓋をして蒸します。

里いもは火が通りにくそうなので、様子を見ながら、途中水を足しながら蒸しました。15分ほどで、竹串がスッと通るように!

【3】アツアツのうちに食べる!

蒸しあがった里いも、ホクホクそうで美味しそう~!

記事には味噌だれやバターをのせると書かれていましたが、私はオリーブオイル&岩塩を皮の上からかけてみました。

恐る恐る、かぶりついてみます。

う、うんまい!!

皮のゲジゲジ感、ない!

皮付きジャガイモの皮の食感とほとんど変わりません。

しかし中はホックホク、そして、ねっとりとした甘味。

これはクセになる!

ひとつ、ペロリと食べてしまいました。

このまま食卓にどーんと出したいところですが、夫や子どもはビビって箸をつけなさそう。

ならば、と考えて、ちょちょいと切って、少ない油で揚げ焼き。

お塩と粉末パセリをちらして、大人も子どもも大好きポテトフライ!

「わ~いポテトだ~」と手づかみでもぐもぐ、子どもたちは違和感なく食べております。

見た目に疑心暗鬼だった夫も、一口食べてみて「あ、全然大丈夫」ケチャップ&マヨネーズでおつまみ的に食べておりました。

蒸してそのままでもいいけど、揚げ焼きすることで皮がパリパリになって、より食べやすくなった気がします。

皆様もぜひ、お試しくださいませ~!

作=うだひろえ

■出典:『レタスクラブ』9/25発売号 「知らなきゃ損する新常識!?野菜の栄養を最大限にとる方法」

※最新の『レタスクラブ』(25日発売)で気になった記事を、人気ブロガーが試してみる・やってみる連載企画、ちょこちょこ更新されるので見に来てくださいね!
記事一覧

キーワード

[PR] おすすめ情報