映画

ハリウッド版『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』主演女優にルーニー・マーラが大抜擢!

MovieWalker 2010年8月17日 19時42分 配信

すべての写真を見る(4件)
ハリウッド版『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』のヒロインが遂に決定! これまでに名前が挙がっていた女優ではなく、なんとルーニー・マーラが抜擢された。

ルーニーは女優のケイト・マーラの妹で、姉の作品『ルール/封印された都市伝説』(05)でデビューしたアメリカ出身の25歳。『エルム街の悪夢』(10)でヒロインのナンシー・ホルブルック役や、日本で来年公開予定となるフィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』にも出演している。

本作は、スウェーデンの作家スティーグ・ラーソン原作の同名映画をハリウッドでリメイクしたもので、全3部作の第1部に当たる。鼻ピアスに全身タトゥーという特異なルックスのヒロイン、リスベットが、孤島で起きた少女失踪事件の謎に挑む姿を描いている。デビッド・フィンチャーが監督を務め、既にダニエル・クレイグの出演も決まっており、全米で2011年12月公開予定となっている。

日本でも9月11日(土)から、続編の第2部『ミレニアム2 火と戯れる女』、第3部『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』の連続公開を控え、今年1月に公開された第1部から早くも完結を迎える。

無名女優が主演を演じるシリーズ第2部・第3部と、ルーニー・マーラの今後の活躍にも注目だ。【MovieWalker】

おすすめ情報