仙台にできた根強い人気の端麗系新店!「鯛出しそば 磯ノ宮 一翔 国分町店」

進化し続ける宮城のラーメンの2018年最速レポ。今回は2018年5月にオープンした、根強い人気の淡麗系の新店を紹介する。

無化調鯛ダシで味わう極上のシンプルラーメン「鯛出しそば 磯ノ宮 一翔 国分町店」

仙台一の繁華街、国分町の中心部から少し離れた場所にある
  • 仙台一の繁華街、国分町の中心部から少し離れた場所にある

仙台の横浜家系ラーメンの人気店「一翔」のセカンドブランドとして、2018年5月にオープンした鯛ダシラーメンの新店。これまでの一翔とはまったく違ったコンセプトの店を任されているのは、和食の板前だった高橋店長。スープに使う部位は主に鯛の頭と骨。それだけにえぐ味や苦味が出ないよう沸騰させず、低温でじっくりとダシを取る。麺メニューすべてに自慢の「鯛めし」がサービスで付くというのもうれしい。

【写真を見る】サービスで鯛めしが付くのもうれしい「塩そば」720円
  • 【写真を見る】サービスで鯛めしが付くのもうれしい「塩そば」720円

おすすめの「塩そば」(720円)は店長の板前経験を生かし、独自ルートで鯛を仕入れ、繊細なスープを作っている。合わせる麺は中太の低加水、ツルリとした食感でスープのおいしさを伝える。

鯛ダシスープの「味玉つけそば醤油」850円
  • 鯛ダシスープの「味玉つけそば醤油」850円

「味玉つけそば醤油」(850円)もぜひ食べたいメニュー。つけ麺もラーメン同様鯛ダシのスープ。こちらは醤油ダレのパンチを効かせようとやや濃いめの味付け。麺量も220gと多め。ほかにも、「つみれつけそば醤油」(850円)や「味玉醤油そば」(820円)、「餃子」(3個230円)も人気。

飲んだあとの帰りにふらりと寄って食べるシメの一杯に、淡麗な鯛ダシのラーメンは最適
  • 飲んだあとの帰りにふらりと寄って食べるシメの一杯に、淡麗な鯛ダシのラーメンは最適
和食の板前だった店長・高橋幹彦さん
  • 和食の板前だった店長・高橋幹彦さん

「繊細で旨味あふれる鯛の魅力を伝えられるよう『鯛出しそば』と『鯛めし』でお待ちしています」と店長の高橋幹彦さん。飲んだ後のシメの一杯にも最適だ。

■鯛出しそば 磯ノ宮 一翔 国分町店 住所:仙台市青葉区国分町3-6-17 電話:022-211-4004 時間:11:30~15:00、17:30~22:00※スープがなくなり次第終了 休み:不定 席数:12席(カウンター8、テーブル4) タバコ:ランチ禁煙 駐車場:なし


宮城ラーメンに新勢力!新店も4大ラーメンも味わい尽くせ

宮城の最新ラーメン4大勢力、淡麗・濃厚・つけ麺・煮干しの名店を大特集!他にも、新店15店を厳選して紹介するほか、「ラーメン王子」によるコラボ企画も!宮城の最旬麺を食べ尽そう!





【ラーメンWalker特設サイトで最新ニュース配信中!詳しくはコチラ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報