奥田瑛二「近くにこんないい女優がいていいな」次女・安藤サクラへの思い(1/2)

奥田瑛二が娘の女優業についてへの思いを語った
  • 奥田瑛二が娘の女優業についてへの思いを語った

10月14日に放送された「ボクらの時代」(フジテレビ系)に奥田瑛二、井浦新、成田凌が登場。奥田が娘である安藤桃子と安藤サクラとお酒を飲むという話しから、「娘2人が監督と女優になった、なってしまった、なってくれた。この3表現の複雑さ」と父親としての心情を吐露する一幕があった。

次女のサクラに対して、「女優にはなるなよ」と心から願っていたという奥田。しかし高校3年生の時に、正座して「お父さんお話があります。私、女優になりたいんです」と告げられたという。

「来ちゃった…」と内心思ったという奥田は「分かった。だったら自分で女優になってください。私は何も手伝いません。それだけだ。だったら頑張れ」と言ったという。

続けて「自分でやって来て、今日この頃っていうのがある」と、朝ドラの主演を務める娘の頑張りをたたえていた。

先輩面して語ったことも?(2/2)
  • 1
  • 2
「ボクらの時代」
毎週日曜朝7:00-7:30
フジテレビ系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報