大分県日田市・天瀬で伝統のお祭り「五馬くにち」開催

大分県の無形民俗文化財に指定されている「五馬くにち」が10月20日(土)から27日(金)にかけて開催される。

「五馬くにち」とは、大分県の無形民俗文化財に指定されている「本城くにち」から始まり、「塚田くにち」・「出口くにち」・「五馬市くにち」と、4つの五馬地区で2日間ずつ行なわれる五穀豊穣を感謝する秋祭りだ。

大分県の無形民俗文化財に指定されている「本城くにち」
  • 大分県の無形民俗文化財に指定されている「本城くにち」

五馬くにちとは、4つの地区それぞれが、1日目にお神輿に神様を乗せて元宮から仮宮へとお運びして「お籠り」を行い、2日目に元宮に帰るというもの。その神輿の巡行に伴って演技者の隊が付き添う。

「コモラシ」「太鼓」「薙刀(なぎなた)」「杖」「面かぶり」「笛」など色んな役を持った演者が、巡行の工程ごとにそれぞれの演技を披露する。その光景は華やかで、身の振る舞いも洗練されており、見応えのあるお祭りだ。

【写真を見る】天狗をはじめ様々な衣装に身を包んだ氏子たちが行列する「出口くにち」
  • 【写真を見る】天狗をはじめ様々な衣装に身を包んだ氏子たちが行列する「出口くにち」

形は少しずつ変わりながらも、150年以上守り続けられている伝統のお祭り「五馬くにち」を見にいこう。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたイベント

[PR] おすすめ情報